MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アンチ・アマゾン効果の追い風か 世界一に返り咲いたMicrosoft

2019/04/25 15:15

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたデジタルインテリジェンス発行の『DI. MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回はGAFAを押しのけて世界一の企業価値になったMicrosoftに着目する。

目次

※本記事は、2019年4月25日刊行の定期誌『MarkeZine』40号に掲載したものです。

不思議な長寿企業Microsoft GAFAを押しのけ世界一に

 世界の巨大成長企業の略称として「GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)」や、「FAANG(前出リスト+Netflix)」が飛び交うが、なぜかいつも「M(Microsoft)」が抜けている表現が目に付いていた。2019年2月18日現在、実はMicrosoftがApple・Amazon・Googleを抜いて「世界一の企業価値」である(図表1)。

図表1コンテンツ関連企業の企業価値(2019年2月18日時点)
図表1 コンテンツ関連企業の企業価値(2019年2月18日時点)

 抜きつ抜かれつのランキングだが、なぜMicrosoftが首位に躍り出たのか、それらの背景を理解しておく必要がある。

 Microsoftは不思議な長寿企業だ。2014年に技術畑のナデラ氏がCEOに着任以来、クラウドサービスへのシフトが始まった。今やAmazonと競合する各企業は、Amazonのクラウドビジネスである「AWS」を使わずに、Microsoftの「Azure」を採用する「アンチ・アマゾン効果(逆アマゾン効果)」の追い風を作っている。


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5