SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、広告品質におけるスタンダードを策定 アドフラウドやブランドセーフティに対する指針示す

 ヤフー(Yahoo! JAPAN)は、インターネット広告業界が抱えるアドフラウドやブランドセーフティなどの課題解決を目的として、「広告品質のダイヤモンド」を定義した。

具体的には、「適正な広告効果の可視化」、「ブランド価値とメディアの信頼性の担保」、「ストレスのない広告体験の提供」を3つの価値とした上で、6つの対策項目を策定。

 6つの対策項目は、以下の通り。

  1. ビューアビリティ(視認性):広告の視認可能性が計測できる環境を提供
  2. アドフラウド対策:人ではないボットなどによる無効なインプレッションやクリックを発生させ不正な広告費を搾取する行為を防止
  3. ブランドセーフティ:広告掲載先として不適切な違法・不当サイトへの広告表示を防止
  4. プライバシーへの配慮:ユーザーのプライバシー保護のため不適切なデータの利用を防止
  5. 最適な広告フォーマット:ユーザーに不快感を与える広告フォーマットを防止
  6. アドクラッター対策:サイトの1ページ内に広告があふれて、ユーザーが混乱することを防止

 同社は「国内外の関連団体などと引き続き連携を強めながら、業界課題を先行して取り上げ、対策を講じることで、日本のインターネット広告業界全体の健全化をリードしていきたい」としている。

【関連記事】
ヤフー、アドフラウド対策で約5,900件の広告配信面を停止 ガイドライン改定でまとめサイトを排除 
Yahoo! JAPANの「アドフラウド・ブランドセーフティ対策」を強化 モメンタムがサービス提供へ
IAS、2018年上半期のアドフラウド&ブランドセーフティに関する調査レポートを発表
マイクロアド、「BrandSAFE list」の提供を開始 ブランドセーフティーの取り組みを強化
電通グループ2社、デジタル広告におけるアドベリフィケーション問題への対応強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング