SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』特集

投資なくして成長なし?サブスクリプションKPI設計の基本

 近年、サブスクリプションモデルのサービスが急増している。サブスクリプションは、顧客と継続的な関係を構築することで安定した収益ベースを作っていくビジネスモデルであり、売ることが最終ゴールであった従来のプロダクト販売モデルとは、ビジネスの考え方やKPI設計などが本質的に異なる。本記事では、サブスクリプションのビジネスモデルを正しく理解し、成長に向けて戦略を立てていくための基本的な概念を解説する。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2019年7月25日刊行の定期誌『MarkeZine』43号に掲載したものです。

消費ニーズが「所有」から「利用」へ大きく変化

 近年、月額または年額制で商品やサービスをいつでも利用できる、定額サービスが急増しています。映画や音楽、書籍などの他、自動車、洋服、時計、珈琲、ラーメンに至るまで、様々な定額サービスが登場し、「サブスクリプション」と総称されています。

 サブスクリプションが勃興してきた背景には、大きく2つの理由があります。1つ目は、「所有」から「利用」へと、消費ニーズに変化が起きていること。もう1つは、それに付随し、従来のプロダクト販売モデルによるビジネス成長が頭打ちになったことです。所有という需要が低くなったため、モノをたくさん販売することで売上を拡大していくというビジネスモデルに陰りが見え始めているのです。事実、2000年にFortune500社に選ばれた企業の52%は、買収・統合などにより既に消滅しています。こうした背景のなか、新たな収益ベースを作っていくために企業から注目されているのがサブスクリプションモデルなのです。

 しかし、現在サブスクリプションと呼ばれているサービスのなかには、本質的な部分でサブスクリプションではないものがたくさんあります。課金体系を変え、製品の支払い方法を12分割もしくは24分割にしただけで「サブスクリプション」と名乗っているサービスは珍しくありません。そして、そうしたサービスほど、数年もしないうちに撤退してしまうことが多いのです。では、サブスクリプションで成功するためにはどうすればいいのでしょうか。サブスクリプションの本質から、収益拡大をもたらす戦略の立て方まで、順番に説明していきます。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
成功しているサブスクリプション事例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

桑野 順一郎(クワノ ジュンイチロウ)

Zuora Japan株式会社 代表取締役社長 外資系IT企業でマネジメントを歴任した後、キリバ・ジャパンをはじめとする多くの外資系IT企業で代表として日本ビジネスの立ち上げに従事。2015年2月、米Zuora社の日本進出にともない、日本法人の社長に就任。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

竹内 尚志(タケウチ タカシ)

Zuora Japan株式会社 セールスコンサルティングディレクター

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/26 17:38 https://markezine.jp/article/detail/31576

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング