SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

究極のプレゼン資料作成術

【実践編】プレゼン資料作成のデザイン・ルール設計

 プレゼン資料作成の実践編として、綺麗でわかりやすいプレゼン資料がどうやってデザインされているのかを解説します。まずは「フォント」「カラー」「レイアウト」など、デザインの基礎となる9つのルールを紹介します。

※本記事は、2019年7月25日刊行の定期誌『MarkeZine』43号に掲載したものです。

デザイン力がなくても綺麗なプレゼン資料は作れる

 世の中にある綺麗なデザインのプレゼン資料を見ると、「自分では、ここまでのデザインレベルのものは作れない」「どうやったら、綺麗に作れるのかわからない」と感じている方も多いのではないでしょうか。

 確かに、デザインを学んだ経験の有無は、プレゼン資料の完成度において大きな差となります。しかし、最低限のルールを守るだけで、誰でも一定水準以上のスライドを作ることはできます。同時に、企業全体での資料デザインの底上げも可能です。

誰でも綺麗なスライドが作れる「9つのルール」(1)

 プレゼン資料のデザインを改善するためにできることは数多くありますが、はじめから細かいテクニックを100個も200個も体系的に習得するのは不可能です。そこで当社では、「フォント」「カラー」「レイアウト」のデザイン3要素において、それぞれ3つのルール、つまり9つのルールをプレゼン資料デザインにおける最低限の基礎ルールとして設定しています。

 それではデザインのイメージも交えながら、誰でも綺麗でわかりやすいスライドを作れるようになる方法を学んでいきましょう。

(1)使うフォントを決定する

 フォントに関しては、「テーマ」「カラー」「サイズ」の3点について、次のルールを設定します。

フォントに関する3つのルール
フォントに関する3つのルール

ルール1:フォントテーマは、原則1種類

 「MSゴシック」「游ゴシック」などのフォントテーマに関しては、原則、1種類しか使わないようにしましょう。デザイン上級者であれば、意図的に複数のフォントテーマを使い分けるケースもありますが、複数のフォントがまざると、ほとんどの場合はチグハグな印象になってしまいます。

ルール2:フォントカラーは、黒ではなくグレー

 フォントカラーは、一般的に「黒」が基本だと思われがちですが、実は真っ黒よりもグレーのほうが読みやすく美しいスライドに仕上がります。PowerPointではRGBというスケールでカラーを設定できるので、デフォルトの黒(RGB=〔0,0,0〕)ではなく、グレー(RGB=〔75,75,75〕程度を目安)を使用しましょう。

ルール3:フォントサイズは、コンテンツの強弱に応じて調整

 フォントサイズについては、各要素に応じて適切な範囲内でサイズを設定します。スライドサイズが一般的な4:3や16:9サイズの場合は、下記を目安に設定すれば良いでしょう。

要素 サイズ(目安)
タイトル 18~24pt
サマリー 14~20pt
本文 10~20pt
出典・補足 8pt
この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
誰でも綺麗なスライドが作れる「9つのルール」(2)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
究極のプレゼン資料作成術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

リライアンス・データ株式会社/KUROKO(リライアンス・データ/クロコ)

「戦略」×「デザイン」×「データ」の3つの要素を軸に、プレゼン領域における様々な高付加価値ソリューションの開発・提供を行う、デザイン思考型のコンサルティングファーム。一見様お断り(完全紹介制)の高品質プレゼン資料作成代行の「KUROKO PPT」やプレゼン資料作成補助ツール「PREZENTATION...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/25 14:00 https://markezine.jp/article/detail/31592

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング