SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

1枚イラストからアニメーションを生成する深層学習エンジン「DeepAnime」をAlsoAgeが開発

 AlgoAgeは、独自開発した人工知能技術により1枚のイラストからキャラクターの顔のアニメーションを自動生成するAIエンジン「DeepAnime」を開発、提供開始した。

 AlsoAgeによると、深層学習技術の発展にともなって、静止画に対する認識/生成技術は急速に進歩し自然なイラストの自動生成や自動着色などが実現する一方で、動画の認識や生成に関しては未解決課題が多く、アニメーション等の動的コンテンツの生成における成果は限定的だった。

 そこで同社は、自然なアニメーションの生成に焦点を当て研究開発を行い、1枚のキャラクターのイラスト画像からアニメーションを自動生成する「DeepAnime」を開発したという。

 活用方法としては、エンタメサービスにおいて任意のキャラクターイラストに好きなセリフを話させるケース、任意のイラストをアバターとして用いるケースの他、アニメーション制作において動き生成の自動化によってクリエーターの手間を削減するケース、ゲーム開発においてキャラクターの話す、瞬きする等といったアニメーションを自動生成しコスト削減するケースを想定している。

【関連記事】
Googleカレンダーのセルが動き出す、「みずようびカレンダーピクセルアニメーション」が公開
「ゲーム部プロジェクト」のUnlimited、アニメコンテンツ特化型マーケティングサービスを開始
ジャパニメーションでブランディングに貢献 電通、国内のアニメスタジオ9社と連携し新組織を発足
想定している広告動画の尺は「1分未満」が32.8%/実写とアニメ、想定予算は?【プルークス調査】
DACとGIFMAGAZINEが資本提携 GIFを活用したコミュニケーションの促進へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/08/06 12:25 https://markezine.jp/article/detail/31740

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング