SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

ラクスル×GOに聞く、テレビCMの民主化に両社が乗り出す理由

 2019年9月、ラクスルとThe Breakthrough Company GO(以下、GO)は提携し、テレビCMを活用したスタートアップの成長を支援するマーケティングサービス「はじめてのTVCMプラン」「CMO代行プラン」の提供を開始した。本記事では、ラクスルのCMOの田部正樹氏、GOのクリエイティブディレクター兼コピーライターの鶴見至善氏に提供の背景から、サービスの内容、特徴について話を聞き、同サービスがマーケターにもたらすメリットを探った。

企業変革を支援するGOとテレビCMで事業を約20倍にしたラクスル

MarkeZine編集部(以下、MZ):はじめに、両社の展開しているビジネスとご自身の役割について紹介いただけますか。

左:ラクスル株式会社 CMO 田部 正樹氏 The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター/コピーライター 鶴見 至善氏
左:ラクスル 取締役 CMO 田部 正樹氏
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター/コピーライター 鶴見 至善(いたる)氏

鶴見:我々GOは、クリエイティブを軸に企業の変革をサポートしています。メンバーには大手広告代理店出身でクリエイティブやPR領域に強い人たちが集まっているので、それを活かし企業が持つ課題を打ち破る方法を提供しています。

 私はその中でクリエイティブディレクター兼コピーライターとして、戦略立案からコミュニケーションデザインまで担当しています。

田部:ラクスルは元々ネット印刷のスタートアップで、私自身は入社以降一貫してマーケティングを統括しています。2014年から2019年までの5年で50億を超えるマーケティング投資を行い、売り上げを約20倍に成長させてきました。

 2018年には、特に注力してきたテレビCMを主としたマーケティング戦略をノウハウ化し、企業のテレビCMの制作・放映サービスを立ち上げ、現在はその責任者も兼任しています。

両社の強みが最大限活かされる提携に

MZ:今回両社は提携して、テレビCMの制作から出稿を支援する「はじめてのTVCMプラン」とマーケティング戦略全体をプロデュースする「CMO代行プラン」の提供を開始されましたね。なぜ両社が提携に至ったのか教えてください。

田部:テレビCMの制作・放映サービスにおける私たちの強みは、テレビCMの効果を可視化し改善するというPDCAサイクルを回すことで自らの事業を成長させてきた実績と、その中で培われたノウハウにあります。これまでも、テレビCMをネット広告と同じ感覚で運用できるよう、ロジカルに数字を見ながら効果を出してきました。

 その一方で、課題としていたのがクリエイティブの企画・制作でした。そこで、今回の提携でクリエイティブに強いGOと提携することで、より効果の高いテレビCMの制作・出稿が可能になると考えました。

鶴見:代表の三浦はGOの仕事の心得として、「おもしろくなければ仕事ではない」とよく言っているのですが、それはおもしろい仕事しかやらないというワガママな話ではなくて、アウトプットがおもしろくなければ結局、企業の求める成果につながらないということを指しています。クリエイティブに話題性やエンタメ性を持たせるのもそのためです。

 そして今回、クリエイティブに強みを持つ我々とテレビCMのPDCAサイクルを回せるラクスルが提携することで、テレビCMを通じて、よりビジネス成果を出すことにフォーカスできるのではないかと考え、提携に至りました。

 また、GOでは必ずクリエイターが決裁者と直接対話をして経営課題を発見し、事業の価値や戦略をクリエイターが責任を持ってアウトプットに落とし込むスタイルを取っています。今回の提携でもそのスタイルで対応できるので、両社の強みを活かしたサービス展開ができると考えたのも理由の1つです。

MZ:今回の両サービスはどのような企業向けのサービスになっているのでしょうか。

田部:基本的にはスタートアップ企業に向けたサービス内容となっています。スタートアップの場合、カテゴリーすら存在しないところから事業を立ち上げているケースも多く、世の人がその価値に気づいていないことも少なくありません。また、企業もどのような価値を打ち出していけば良いのかわからないということもあります。

 そのような状況であっても、GOとラクスルが手を組みその価値を見出すところから支援することで、ハードルが高いと感じてしまうテレビCMにも積極的にチャレンジできる環境を実現したいと考えています。

次のページ
ビジネス成果につながるテレビCM、どう実現する?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

畑中 杏樹(ハタナカ アズキ)

フリーランスライター。広告・マーケティング系出版社の雑誌編集を経てフリーランスに。デジタルマーケティング、広告宣伝、SP分野を中心にWebや雑誌で執筆中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング