MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マーケターに聞く2020年の課題と挑戦

2020/01/24 14:00

 MarkeZine読者を対象に行ったアンケート調査から、今マーケターに求められるスキル、2020年のマーケティング戦略を紐解く。

目次

※本記事は、2020年1月25日刊行の定期誌『MarkeZine』49号に掲載したものです。

約4割が1年以内に組織変革があったと回答

 MarkeZine編集部では今回、「マーケターに聞く2020年の課題と挑戦」と題し、MarkeZine読者を対象に、自社の組織体制や拡大するマーケターの役割、目指すキャリア構築のあり方についてアンケート調査を実施した。昨年度も同様のアンケートを実施したため、そちらとも比較しながら、結果を考察していきたい。

 まず、自社にCMO、もしくはそれに準ずる役割を担う人がいるかを尋ねたところ、「いる」と回答したのは38%だった。昨年度(32.9%)より増えてはいるものの、いまだ日本企業においてCMOという存在は根付いていないことがわかった。

 また、1年以内にデジタル/マーケティング関連部門の組織変革があったかを尋ねたところ、43%が「はい」と回答した(図表1)。

タップで拡大
タップで拡大

 具体的な変革点については、「デジタル戦略室のメンバーを大幅に増員した」「カスタマーサクセス部門を立ち上げた」「専門家を雇用した」などの専門性を特化する目的のものから、「事業部をまたぐ横割り編成から、縦割りに替わった」「機能別組織から事業部制組織へと移行した」「マス領域との部署統合」「プロダクトで分けていたチームの統合」といった企業全体のマーケティング最適化を実現する目的のものまで挙げられており、様々な企業の戦略が読み取れた。


この続きは、定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後にお読みいただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスで今必要な情報を、毎月厳選してお届けする年間サービスです。先進事例、キーパーソンの考え方、成果を出すノウハウなど、効率よく学ぶことができます。紙の雑誌をお届けするほか、以下の様な特典があります。
●プレミアムイベントに特別招待
●プレミアム記事がWebで読み放題
●「MarkeZine Stock」のデータが使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5