SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オムニチャネルのマーケティングを自動化 Adobe Campaign Standardの提供が開始

 アドビ システムズは、同社のデジタルエクスペリエンスソリューション「Adobe Experience Cloud」の一部であるクラウドベースのクロスチャネルキャンペーン管理アプリケーション「Adobe Campaign Standard」の日本での提供を開始した。

 同アプリケーションは、Eメール、モバイル、Webなどのオンラインチャネルと、ダイレクトメールなどのオフラインチャネルを含む、オムニチャネルでのマーケティングを自動化することで、より効率的に顧客とのOne to One コミュニケーションを実現するものだ。

 同社はこれまでもクロスチャネルキャンペーン管理アプリケーション「Adobe Campaign (Classic)」を提供してきたが、国内におけるクラウドの利用拡大に伴い、Adobe Campaign StandardをAdobe Campaignのラインナップに追加した。

 同アプリではクラウドに特化し、直感的なインターフェースで1時間当たり2千万通以上の配信に対応する。

Adobe Campaign Standardの利用画面イメージ
Adobe Campaign Standardの利用画面イメージ

 これにより企業は、より手軽に効率的なコンテンツ制作によるパーソナライズした顧客体験を提供することが可能になる。

 同社は、日本市場のニーズに対応するため、国内通信事業者各社の携帯メールやSNSなど日本特有のチャネルへの対応も進めている。またAdobe Campaignの基本的な機能をわかりやすく紹介する日本語によるクラスルームトレーニングを提供する。

【関連記事】
電通デジタル、アドビやセールスフォースらとデータ連携し「People Driven DMP X」提供
CCIの「DataCurrent」、アドビのデータマーケットプレイスへのデータ提供を開始
電通デジタルとアドビ、 消費者1,000名を対象に「デジタル体験の好みや企業への期待」を調査
日立製作所がマーケティングプラットフォームとしてアドビのMarketo Engageを採用
日本人の6割はパーソナライズ体験に期待 他国よりコンピューターとのやり取りに抵抗少なく【アドビ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/27 11:40 https://markezine.jp/article/detail/33079

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング