SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

不確実な時代を乗り越える「マーケティング戦略の大転換」― 突破口はゼロパーティデータとロイヤル顧客(PR)

CMOたちが注目する現状の“チャンス”8項目とは?チーターデジタルが30分で学べる動画セミナーを公開

 チーターデジタル ジャパンが、次世代のマーケター同士の研鑽を支援するコミュニティ「0 to Loyal~ゼロ トゥ ロイヤル」をオープン。同時に、Webセミナーシリーズ「マーケティング戦略の大転換」を開始している。本稿では、ディノス・セシールCECO(Chief e-Commerce Officer)の石川森生氏をゲストに迎えた初回の内容をレポートする。30分と短い時間ながら濃い内容となったセッションは、ぜひ記事末のリンクから動画本編を参照されたい。

Webセミナー「マーケティング戦略の大転換」第1回の様子は、以下の動画でご覧ください。

「マーケティング戦略の大転換」Webセミナーシリーズ【第1回配信】トレーラー
本編はこちらから

各社のCMOが見据えるチャンスとは?

 生活者が多様化し、かつてのように一斉に効くコミュニケーションの形は消滅した。“不確実な時代”と言われて久しいが、その折に私たちは今、COVID-19の影響によって、世界的に誰も見通しがつかない状況に突入している。生活者の価値観や優先順位が大きく変わろうとしている中で、マーケターが持つべき視点、起こすべき発想の転換とは何だろうか?

 チーターデジタル ジャパンが次世代マーケターのためのコミュニティ「0 to Loyal~ゼロ トゥ ロイヤル」の企画の一環としてスタートした、Webセミナーシリーズ「マーケティング戦略の大転換」。初回となる今回は、

・コロナ禍で大きく変化した経済環境における、今後の道のり
・その中でも顧客とのつながりを作り続けている海外事例
・これから国内のマーケターが取るべき「次の一手」とは

という内容について、両者でディスカッションが行われた。

 ホストを務める同社 副社長 兼 最高マーケティング責任者 加藤希尊氏がこの数週間で十数名のCMOと話すと、具体的な課題を洗い出して対応に乗り出す姿があったという。

 「顕在化したリスクに対して、どういったチャンスがあるのかを問うと、たとえばコマースの在り方の見直し非接触経済の可能性、あるいは家の中へのブランド体験の拡張など、大きく8つに分類できました」(加藤氏)。

動画本編の4分40秒から、各社のCMOが見据える8つの可能性について詳しく説明しています。視聴はこちらから!

次のページ
家の中でもブランド体験を!加藤氏・石川氏が注目する施策とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
不確実な時代を乗り越える「マーケティング戦略の大転換」― 突破口はゼロパーティデータとロイヤル顧客連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング