SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネオマーケティング、社会課題解決の取り組みをPRするサービスを開始 ストーリー性を持たせ情報発信

 ネオマーケティングは、持続可能な開発目標に基づいた活動やCSV活動(Creating Shared Value)に取り組む企業を対象に、生活者視点のエビデンスデータを加えることによりストーリー性をもたせた情報発信ができるPRサービスを開始した。

 同サービスでは、一般の生活者に対してアンケート調査を行い、その結果(数値データ)を活用して社会的に価値のある企業活動に関するリリース記事を作成し、メディアへの発信を行う。

アプローチ媒体例 ※ESGを重視する企業が多く出稿している、講談社のワンテーママガジン「FRaU(フラウ)」SDGs特集号の表紙。※純広告・記事広告の取り扱いも可能(別途費用)
アプローチ媒体例
※ESGを重視する企業が多く出稿している、講談社のワンテーママガジン「FRaU(フラウ)」SDGs特集号の表紙
※純広告・記事広告の取り扱いも可能(別途費用)

 これにより企業は、自社の活動に対する生活者の評価や好感度、期待を客観的に知ることで、今後の企業活動に有益な示唆となる情報が得ることが可能に。また社会的に価値のある事業を行っていることを発信し、信頼性やロイヤルティを得ることで、事業への好影響、採用面でのメリットにも期待できる。

 なお同サービスでは、自社から発信するだけにとどまらず、第三者評価機関として企業の取り組みに関する消費者評価(社会的受容性・好感・期待・賛同等)を実施し、結果を掲載・周知する。グローバルのPRワイヤーを活用しメディア配信することで海外向けにもリリースすることも可能となる。

【関連記事】
ネオマーケティング、新型コロナウイルス対策を実装した「ゼロ密調査ルーム」をオープン
ネオマーケティング、家の中の観察でインサイトを発見する「生活空間リサーチサービス」を提供開始
ネオマーケティング、画像買い取りアプリの購買情報と紐づけた「購買者追跡型リサーチサービス」を開始
インフルエンサーがSNSフォロワーにプレスリリースを配信 AnyUpが「Buzz Press」を開始
Instagramを活用したライブコマースと調査PRが可能に ベクトル子会社3社が新プランを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/06/12 16:15 https://markezine.jp/article/detail/33614

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング