SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドエビスが2021年1月にフルリニューアル UI刷新・データ分析時間を大幅短縮

 イルグルムは、マーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」のメジャーアップデートを2021年1月より順次リリースする。

 アドエビスは、高精度なデータによる意思決定への支援を強みとしたマーケティング効果測定プラットフォーム。

 今回のアップデートでは、リソースやノウハウ不足等によりデータ活用が十分に進まない現状を受け、より簡単・スピーディーに、データを分析・活用できるプラットフォームへとリニューアルする。

 具体的には、UIの全面刷新をはじめ、20以上の機能追加と改善を実施。画面レスポンスは、集計処理の見直しで最大82%改善し、大量のデータもあらゆる角度で素早く分析することが可能に。また分析メニューの刷新では、コンテンツや図表の表示を見直し、視認性と操作性を改善。画面上の直感的な操作のみで主要な指標の確認や施策の評価を行うことが可能になる。

 また来年3月には、D2C/サブスクリプションモデルの事業者向けに「データ統合型分析パッケージ」を来年3月にリリース予定。施策ごとの収益性と予測LTVを算出し、LTVを加味した効果的な予算投下、マーケティング投資の成果最大化を支援する。来年4月には、アドエビスと外部サービスをつなげるAPI連携機能の刷新も予定し、より柔軟で簡単な連携機能を通じ、アドエビスの管理画面上のみでは実現が難しい高度なデータの利活用を促進する。

【関連記事】
アドエビス、プロダクトロゴ・サービスデザインを刷新 16年の歴史を語る特設サイトも公開
ベルフェイス、アドエビスを導入 マーケティングデータとセールスデータの統合目的に
アドエビス、DataSignの「webtru」と連携 個人データ活用の透明性確保と同意管理を推進
全国でのクロスメディア広告効果測定が可能に インテージが「i-SSP」のテレビ視聴パネルを全国化へ
ラクスル、テレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」にCPA計測機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング