MarkeZine(マーケジン)

記事種別

広告の限界を痛感し、 乗り越えるための体制作りに奔走

2020/12/25 14:15

 広告・マーケティング業界で活躍する人物の職業人生、キャリアを伝える本連載。今回は、ビザスクの梅木大輔氏を紹介する。学生時代からマーケティングに興味を抱いていた同氏は、広告代理店勤務を経て、ベンチャー企業への転職を決意。スポットコンサルを展開するビザスクへ入社し、BtoBマーケティング部門の立ち上げ・体制構築を進めている。「スポットコンサルの価値を多くの企業に発信していきたい」と語る梅木氏に、マーケターとして新しい市場を形成する難しさや、やりがいを聞いた。

目次

※本記事は、2020年12月25日刊行の定期誌『MarkeZine』60号に掲載したものです。

オープンポジション入社からマーケターへ

株式会社ビザスク CEO室 マーケティングマネージャー 梅木大輔(Daisuke Umeki)氏
大学卒業後、2013年に広告代理店のソウルドアウトへ入社。SEMコンサルタントとして、ランディングページの制作や広告運用に従事する。2018年にビザスクへ転職。クライアントとアドバイザーのマッチングを支援するリサーチャーを経て、現職。BtoBマーケティングの他、サイト改善、MAなどマーケティング活動全般に関わる。大学時代は、アカペラサークルに所属し、現在も歌うことが趣味。

──現在のお仕事とこれまでのキャリアを教えてください。

 私が所属するビザスクは、有識者によるビジネス領域のスポットコンサル(1時間からのインタビュー)を提供する企業です。新規事業の企画や市場調査、顧客分析などの様々なビジネス課題に対し、豊富な知見をお持ちのアドバイザーを、お客様の依頼ごとにマッチングし、ご紹介しています。アドバイザーの登録者数は国内外で12万人を超え、知見データベースを活用した、日本最大級のナレッジプラットフォームとなりました。私はCEO室直下で、スポットコンサルの認知拡大や導入を目的としたBtoBマーケティングを担当しています。業務はWeb領域が中心で、広告運用やウェビナーの開催、サイト改善などに取り組んでいます。

 以前は、新卒で入社した広告代理店のソウルドアウトで、広告運用に携わっていました。大学生の頃からマーケティングに興味があり、広告の仕事もやってみたいことの一つだったんです。社内で最も広告予算の大きいクライアントを担当するなど、SEMコンサルタントとしてのキャリアを歩んでいました。広告運用のスキルを磨き、やりがいも感じていた一方、自動化による広告運用の最適化が進んでいることも肌で感じました。この先長くマーケティングに携わるならば、運用スキルだけを強みにキャリアを作るのではなく、事業会社で幅広く経験したほうが良いと考え、転職を意識するようになりました。

 転職にあたっては、組織が成熟し、業務が分業化されている大手企業よりも、一人ひとりの担当領域が広く、裁量権が持てるベンチャー企業を探していました。そのような中、新しい市場を作っていくビザスクと出会い、世の中の役に立つサービスのマーケティングに関われると強く感じ、「ここだ!」と飛び込んだのです。

──ビザスクには、マーケターではなくオープンポジションで入社されたそうですね。

 はい。当時のビザスクはまだ、マーケティング専業の社員が必要なフェーズではなかったため、データベースの中から、お客様の要件に沿って適切なアドバイザーを探し出す、リサーチャーにアサインされました。リサーチャーは、お客様の課題に応じたアドバイザーを膨大なデータベースからスピーディーに探したり、時には新たなアングルでのリサーチを提案したりする、マッチングの軸を担うポジションです。リサーチャーとしてお客様の課題解決に貢献できた経験は、現在のマーケティング活動にも活かされています。一方で、将来的にはビザスクのマーケティングに本格的に携わることを視野に入れて、リサーチャーをしながら広告運用も担当していました。

この記事は定期誌『MarkeZine』購読者限定です。お申し込みをされますと続きをご覧いただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5