SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

『VOGUE JAPAN』を擁するコンデナスト・ジャパンに聞く、TikTok活用の可能性

 2020年6月、TikTokにコンデナスト・ジャパンのメディア『VOGUE JAPAN』『VOGUE GIRL』『GQ JAPAN』の公式アカウントが開設された。一見すると、「ラグジュアリーブランドを扱う3つのメディアとTikTokの相性は良いのだろうか?」と思われるが、実際に良い反響が得られているという。今回は同社担当者の坂上氏と宮氏にオンライン取材を行った。

『VOGUE』や『GQ』の世界観をTikTokで体現する

MarkeZine編集部(以下、MZ):コンデナスト・ジャパンでは『VOGUE JAPAN』『VOGUE GIRL』『GQ JAPAN』の3つのメディアでTikTok公式アカウントを開設したと聞いています。その背景を教えてください。

坂上:TikTok上のオリジナルコンテンツのマネタイズやタイアップ商品のリリースを目指し、2020年6月にTikTok公式アカウントを立ち上げました。また、若年層への認知拡大、ブランドアウェアネスの拡大も目的としています。

 元々もう少し後で開設する予定でしたが、コロナ禍でソーシャルメディアの需要が高まり、特にTikTokのようなポジティブなテンションが求められていたため、当初の計画よりもローンチ時期を早めました。

左:コンデナスト・ジャパン Social Mediaチーム、マネージャー 坂上 まい氏
右:コンデナスト・ジャパン Planner, Commercial Product 宮 達也氏

MZ:では、実際にどのようなコンテンツを配信しているのか教えてください。

坂上:雑誌の撮影の裏側やYouTubeで配信している動画と連動したコンテンツ、その他TikTokオリジナルのコンテンツを配信しています。

@voguegirljapan

みな実さんが着こなした5ルックをCHECK##voguegirl ##田中みな実 ##田中みな実可愛い ##田中みな実選手権 ##voguegirlchallenge ##voguechallenge ##田中みな実が可愛すぎる ##あざとい

Summer, sea, tropical, EDM, refreshing, western music - arachang

MZ:TikTokオリジナルの動画も制作しているとのことですが、TikTok用の動画を制作し配信する際に意識していることはありますか。

坂上:常に大事にしているのは、ブランドが持つ世界観の中で何ができるかを模索することです。コンデナストでは各ブランドにいるソーシャルメディア担当が、ユーザーとブランドをつなぐそのコンテクストを考えています。TikTokらしい動画を目指すのではなく、コンデナストらしさの中でTikTokユーザーの方に受け入れられそうなコンテンツを探すようにしています。

他と異なるコミュニケーションが展開されるTikTok

MZ:3つの公式アカウントを運用してみて、どのような所感を持ちましたか。

坂上:他のプラットフォームとはまったく異なるユーザーコミュニケーションがTikTokでは展開されていると感じました。また、Z世代が多く集まるプラットフォームなので、Z世代向けにマーケティングを行う際のヒントも得られています。

MZ:実際にアカウントを立ち上げてからのユーザーからの反響はいかがでしょうか。

坂上:『GQ JAPAN』では「GQ MEN OF THE YEAR 2020」でTikTokとコラボを実施し、大きな反響が得られました。具体的には、オリジナルエフェクトを共同開発して、幅広いユーザー層から参加投稿が多く集まりました。

@gqjapan

##みんながヒーロー みんなも挑戦してね!##GQAwards ##EXIT

オリジナル楽曲 - GQ JAPAN

坂上:また、TikTok LIVEを活用して授賞式を生配信した際は、ポジティブなコメントも多く寄せられました。

次のページ
Z世代向けマーケティングソリューションとしてTikTok広告を活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング