SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Crimtan、ADARAと業務提携 ファーストパーティーデータを使ったターゲティングを強化

 同意取得済みのIDやデータを強みとするADARA(アダラ)と、ダイナミック・プログラマティック広告を強みとするCrimtan(クリムタン)がプログラマティック広告やブランドの顧客獲得の強化を目指し業務提携を行った。

  Crimtanは、ユーザーからの同意を得て、消費者のライフサイクルに関連性の高いプログラマティック広告を展開している。同社のダイナミッククリエイティブは、ブランドの潜在顧客や既存顧客に向けて、バリエーションに富むクリエイティブやメッセージを届けることができる。一方、ADARAのPrivacy Token(プライバシートークン)は、多種多様なデータパートナーから提供されたIDデータを組み合わせて同社のファーストパーティーデータでターゲティングをしている。

 両社は今回の提携を通じて、高品質なデータとプログラマティッククリエイティブを組み合わせ、豊富なバリエーションのメッセージ配信に注力していく。

【関連記事】
ハースト婦人画報社、同社ファーストパーティーデータを活用しブランドマーケを支援する新組織を設立
ADARA、日本政府観光局へ旅行者分析ツールを提供 各種デジタルマーケティング施策の高度化へ
東京五輪を見据え、旅行業界のデータ解析事業を展開するADARAとANAが提携
プログラマティック広告で中国へリーチ可能に The Trade Deskがプラットフォームを提供開始
brainy、パブリッシャー向けにプログラマティック広告運用の一貫した支援サービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/04 18:18 https://markezine.jp/article/detail/35436

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング