SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテージテクノスフィア、AIがテキスト情報を定量化する「文意知」をリリース

 インテージテクノスフィアは、AIを用いてテキスト情報を定量化(可視化)する技術を開発し、その技術を使ったサービス「文意知(ぶんいち)」をリリースした。

 これまでは、テキスト情報を見える化するための手法としてテキストマイニングが用いられてきた。従来のテキストマイニングは、単語や係り受け(文節の関係性)の出現頻度の集計が基本となっており、文章の内容を理解するためにはヒトによる解釈が必要であった。

 これに対して文意知は、AIを活用してテキスト情報から「伝えたい内容」を抽出し、各文章に含まれる「伝えたい内容」を数値化。定量的に表すことで、ヒトによる結果の解釈を必要とせず、内容を理解することができる。また各文章の「伝えたい内容」を数値として表すため、客観的な指標として共有や比較が可能となる。

文意知と従来のテキストマイニングの比較
文意知と従来のテキストマイニングの比較

【関連記事】
インテージ、海外生活者のインサイト発掘・アイデア発想を行う「グローバル デ・サインリサーチ」を開始
TVer、インテージ、青山学院大学が共同研究開始 コネクテッドテレビにおける広告効果検証の高度化へ
インテージ、自動で最適な販促動画を設定・配信する「楽ラク!デジボード 定番長」β版を提供開始
2020年、販売苦戦したランキング:化粧品の5カテゴリーが10位までにランクイン【インテージ調査】
2020年、売れたものランキング:上位は衛生用品、その他「鬼滅の刃」関連が躍進/インテージ調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング