SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

ゲーム事業者必見!ハイパーカジュアルゲームの収益を高めるベストプラクティスとは?

Pangleを効果的に活用し、ユーザーを獲得する方法とは?

――では、ハイパーカジュアルゲームなどを提供するゲーム系広告主が、Pangleを活用してユーザーを獲得する際に気を付けるべきことはありますか。

 最も重要なのは、CPIを5円~10円レベルの単位で削り続けることです。ハイパーカジュアルゲームのビジネスモデルの場合、1ユーザー当たりのプレイ時間は少なくても、継続率が数週間でも問題ないため、積極的な広告出稿でユーザーを継続的にゲームに呼び込んでいく必要があります。

 ハードなゲームに比べると、どんなクリエイティブでも1ユーザーの獲得コストは低いのですが、その分LTVも高くはなりません。そのため、収益を大きくするにはCPIをひたすら下げていくことが重要になってきます。

――CPIを下げるためには、どのような工夫が必要になるのでしょうか。

 多くのディベロッパーは広告のクリエイティブを頻繁に変更し、より低いCPIで獲得できるクリエイティブを模索しております。中でもPangleでは、ハイパーカジュアルゲームの領域において、プレイアブル広告によるCPIの改善に成功しました。

 プレイアブル広告は広告の中で実際にゲームを一時体験することのできるリッチな広告フォーマットです。CPIを改善するだけでなく、ユーザーは実際にプレイをした上でダウンロードするため、流入ユーザーの質も高く、継続率の向上にもつながった実績のあるクリエイティブとなっております。

 プレイアブル広告は、作成の手間や工数がかかるというボトルネックがこれまであったのですが、Pangleでは簡単かつ効率的にプレイアブル広告素材を作ることのできるツールを開発しました。

 たとえば、 弊社で研究された様々な効果の良い広告素材のテンプレートを元にコード実装の手間なくクリエイティブを作ることのできる「インタラクティブテンプレート」や、すでに他の媒体社様で利用されているプレイアブル広告をPangle用に自動変換できる 「アダプションツール」機能などが代表的です。

プレイアブル広告作成のイメージ クリック・タップで拡大

 これにより、プレイアブル広告を気軽にご活用いただけるような機能を充実させました。

ストレスのない広告体験の設計が収益化のカギ

――プレイアブル広告の活用がユーザー獲得には欠かせないフォーマットになっているんですね。では、広告の収益化を最大化するためには、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。

 ハイパーカジュアルゲームは課金での収益金がほとんどありません。そのため、広告収益を上げなければ、マーケティングに活用するための収益金を得ることができなくなります。そのためカジュアルゲームでは広告出稿と同じくらい、広告でのマネタイズ戦略を考える必要があります。

 Pangleでは「動画リワード広告」「インターステイシャル動画広告」、静止画やバナーのような「ネイティブ広告」と大きく3つのフォーマットを用意しております。ただし、広告を入れるだけで簡単に収益につながるわけではありません。特にハイパーカジュアルゲームは、ユーザーのライフサイクルが短いため、短期間でいかにストレスなく多くのユーザーに広告を視聴してもらうかが重要になります。

 広告を考えなく多く入れてしまっては、ユーザーのストレスになるためユーザーの離脱率を上げる要因となってしまいますし、広告をゲームの中のセッションが少ない場所に設置したり、広告の配信数を少なくしたりすると、継続率は上がっても収益にはつながりません。

 そのため広告の設置箇所や配信頻度のテストを繰り返し、適正なものにしていく必要があります。

次のページ
各広告別・収益化の秘訣が明らかに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/28 11:00 https://markezine.jp/article/detail/36233

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング