SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

ゲーム事業者必見!ハイパーカジュアルゲームの収益を高めるベストプラクティスとは?

 TikTok For Businessが運営するモバイル広告プラットフォーム「Pangle」。現在、ハイパーカジュアルゲームを提供する企業の多くが、同プラットフォームを活用してビジネスを成長させているという。今回は同社のPangleチームに、なぜハイパーカジュアルゲームがPangleを活用するのか、また活用時のポイントについて聞いた。

急成長を見せるハイパーカジュアルゲームとは?

――現在、Pangleがゲーム業界、特にハイパーカジュアルゲームのビジネス成長に大きく貢献していると聞いています。まず、ハイパーカジュアルゲームが何か、そしてどのような成長を見せているのか教えてください。

 ハイパーカジュアルゲームとは、国籍を問わず誰でも気軽に遊ぶことのできるアプリです。「ユニバーサルデザインであること」と「広告による集客・マネタイズが主軸」が大きな特徴です。

 Pangleは、日本では8,000万DAUにリーチできるモバイル広告プラットフォームです。また、TikTok For Businessが持つデマンドにより、デベロッパー/パブリッシャーの収益化向上、新規顧客獲得をサポートします。

 アドネットワークというマーケットの中で、Pangleは日本で提供を開始したのは2019年7月と後発でした。しかし、世界で大きく成長を遂げているハイパーカジュアルゲームが日本に普及するとともに、Pangleの活用も広がりました。現在日本で提携しているクライアント数は、2021年Q1(1月~3月)は2020年同期比で2.7倍増加しており、非常に重要なマーケットです。その成長の支柱を担っているのが、ハイパーカジュアルゲームなのです。

 また、AppsFlyerのレポートによると、ハイパーカジュアルゲームは非常に成長率の高い市場で、本格的なハードコアやソーシャルカジノゲームと比較しても2倍以上の成長率を示しています。おうち時間が増える昨今、手軽に楽しめるハイパーカジュアルゲームを始める方も増えました。レポートの中では、ハイパーカジュアルゲームのアプリディベロッパーが2020年にユーザー獲得施策を強化したとの記載もあります。

ハイパーカジュアルゲームが成長できた3つの理由

――おうち時間が増えたことなどの外的要因もあるとはいえ、なぜここまでハイパーカジュアルゲームが成長できているのでしょうか。

 「ユーザー」「ゲームディベロッパー」「アドネットワーク」の3つの視点から見ると、まだ広げることのできなかった領域にハイパーカジュアルゲームというコンテンツがぴったりはまったことが、成長の大きな要因になっていると思います

可処分時間の増加とゲームの手軽さがユーザーにウケた

 デジタルの進化によって人々の可処分時間は増加傾向にあり、その中でハイパーカジュアルゲームは、通勤時間中や仕事や勉強の合間などのすき間時間を利用してプレイするユーザーが多いです。

 ゲーム内容もわかりやすく、操作も簡単で、誰でも楽しむことができるため、短時間で楽しむことができるコンテンツとして、今までゲームになじみのない人でも気軽に入り込めました。

制作・収益化・ローカライズの容易さが進出を活性化

 次に「ゲームディベロッパー」の視点で考えると、制作と収益化、そしてローカライズの難易度の低さが人気の理由です。ハイパーカジュアルゲームの制作期間はものによっては1週間程度、制作コストもそこまでかかることもなく、少人数でも制作ができるため参入障壁は低いです。

 また、広告での収益がメインとなるため、収益化させるのが比較的容易となっています。さらに、ユニバーサルデザインであることも多く、各国で本格的なローカライズを行わずとも、世界のユーザーに対してリーチすることができるため、ユーザーの獲得もコアゲームに比べると難易度が下がります。

動画広告フォーマットの登場で収益も大幅に増加

 アドネットワークの視点だと、アプリ向けに「動画リワード広告」や「動画インターステイシャル広告」が誕生したことを起点に、大きな成長を遂げました。ゲームに出てくる「アイテム」などの報酬を付与する「動画リワード広告」はゲームアプリとの相性が良く、ゲームのユーザーエクスペリエンスを損なうことなく、任意で動画広告の視聴を選択できます。

 「インターステイシャル動画広告」はゲームとゲームの合間に出てくるスキップが可能な全画面動画広告です。従来の静止画に比べてパフォーマンスが高い分、アプリディベロッパーへの収益となるCPMは飛躍的に跳ね上がり、広告収益が大幅に増加しました。

 そして、アプリ内広告(IAA)のゲームが増えると、広告配信時に他のIAAのゲームにも配信することができるようになります。これにより、アドネットワークでユーザーを確保しつつ、アドネットワークで収益を上げるビジネスモデルが確立されました。

 以上のことから、ハイパーカジュアルゲームは大きく伸びたのではないかと考えております。

次のページ
Pangleを効果的に活用し、ユーザーを獲得する方法とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング