SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテージとDataRobot、データパートナー契約を締結 FMCGメーカーの需要予測精度向上を支援

 インテージとDataRobot, Inc.(以下、DataRobot)は、2021年5月13日(木)にデータパートナー契約を締結した。これにより、両社は食品・飲料・日用雑貨を製造するFMCGメーカーにおける需要予測の精度向上を支援する。

 インテージは、全国約6,000の小売店舗より継続的に収集した販売データ「SRI+」のほか、マーケティングデータ分析を主な目的として独自に構築する商品マスター情報「商品情報データベース」を保有している。

 今回のパートナーシップ締結により、DataRobotのユーザー企業は希望に応じてインテージのSRI+データおよび商品情報データベースを利用することが可能となる。

 具体的には、競合他社商品の小売店POSデータや商品特徴などの属性データと、ユーザー企業が保有するデータを組み合わせ、DataRobotのプラットフォーム上でAIモデルを生成。AIモデルに学習させるための十分なデータを保有していないユーザー企業も、インテージから提供される各種データを活用することでデータ不足を解消し、より高精度の予測モデルを生成することができる。

【クリック/タップで拡大】</br>具体的な連携イメージ
【クリック/タップで拡大】
具体的な連携イメージ

【関連記事】
インテージテクノスフィア、AIがテキスト情報を定量化する「文意知」をリリース
TVer、インテージ、青山学院大学が共同研究開始 コネクテッドテレビにおける広告効果検証の高度化へ
インテージ、海外生活者のインサイト発掘・アイデア発想を行う「グローバル デ・サインリサーチ」を開始
キヤノンITソリューションズ、DataRobotの販売代理店契約を締結 AIでビジネスの課題を解決
ウェザーニューズ、「花粉予報API」を提供開始 対策グッズのクーポン配信や需要予測を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング