SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

組織強化が成果につながる。マーケターに必要なチームビルディングの秘訣

マーケティングが進まない?まずは開発部門との「視点の違い」の理解から

 マーケターは日々、社内外の様々な立場の人と協働している。所属が異なり専門性も違うメンバーで合意を形成し、戦略・施策を推進していくことに、難しさを感じている人もいるのではないだろうか。本連載では博報堂で営業、マーケティングを経験し、現在ピクシブでマネージャーとしてマーケティングを推進する久米氏が、マーケターが知っておきたい「チームでの仕事のコツ」を解説。本記事ではマーケティング部門とプロダクト開発部門に起こりがちなズレと、それを乗り越えて成果を出すためのポイントを紹介する。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

久米 一平(クメ イッペイ)

久米一平 ピクシブ株式会社 マーケティング戦略室マネージャー(部長職) 早稲田大学法学部を卒業後、2010年に博報堂へ新卒で入社し、営業とマーケターを経験。コロプラでのマーケティング・プロダクト広報のマネージャーを経て、2019年より現職。pixivをはじめとしたクリエイターを支える10を超えるサ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/08 08:00 https://markezine.jp/article/detail/36389

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング