SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

高校生のニュースチェック方法は「テレビ」がトップ/8割強が「自分でも調べる」【LINEリサーチ調べ】

 LINEリサーチは、日本全国の高校生を対象に「ふだんどのような方法でニュースをチェックしているか」「どのようなジャンルに興味があるか」などについて調査を行った。

ニュースのチェック方法トップは「テレビで」

 ニュースをチェックする方法について聞いたところ、男女ともに約7割が「テレビで」と回答。次いで「Twitterで」が続いた。

 「ニュース系サービスの『サイト』で(Yahoo!ニュース、LINE NEWSなど)」「YouTubeで」も上位にランクイン。「ニュース系サービスの『アプリ』で」と回答した人の割合は、女子高生と比べて男子高生の方が高かった。

チェックしているジャンル、男女でトップ回答に違いが

 ニュースをチェックしている高校生に、どんなジャンルをチェックしているか聞いたところ、全体トップ3を「天気・気象・災害」「国内(日本のできごと)」「文化・芸能・エンタメ」が占め、いずれも6割を超えた。

 男女別に見ると、女子高生のトップ回答が「文化・芸能・エンタメ」であるのに対し、男子高生のトップ回答は「国内(日本のできごと)」だった。

8割強が気になるニュースを自分でも調べる

 ニュースをチェックしている高校生に、「気になるニュースがあった場合、さらに自分でそのニュースのことを調べるか」「調べる場合の方法」について質問。全体の88%が「気になるニュースがあるとさらに自分でも調べてみる」と回答した。

 調べる方法は男女ともに「検索サイト/サービス(Google/Yahoo!など)で検索して調べる」がトップに。2位は「Twitterで調べる」、3位は「テレビをチェックする」だった。

 学年別に見ると、低学年において「テレビをチェックする」と回答した人の割合が高く、1年生では4割を超えていた。

8割強の高校生が「ニュースの内容が本当かどうか分からない」と感じることがある

 チェックしたニュースや誰かが投稿・発信した情報について、「内容が本当かどうか分からない」と感じる高校生の割合は89%で、そのうち74%の高校生は、そう感じた後に何かしらの方法で情報を確かめていることが分かった。

 「内容が本当かどうか分からない」と感じた時にしていることを聞いたところ、「他のところでも同じ内容のニュース・書き込みがあるか調べる」が全体トップに。男女別に見ると、男子高生のトップは「『情報源』が何なのか/信頼できるか調べる」だった。

 また、「Twitterでチェックする」と回答した人の割合は男子高生よりも女子高生の方が高く、高校1年生の女子高生では約3割を占めた。

【調査概要】
方法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
時期:2021年5月19日(水)~2021年5月20日(木)
有効回収数:1,050サンプル
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合や、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある

【関連記事】
高校生の音楽視聴、聴く方法は「動画サイト」がトップ/7割超が「ほぼ毎日聴く」【LINEリサーチ調べ】
大学生はAmazonプライムビデオとYouTubeを利用/地上波は録画&TVer【KIRINZ調べ】
大手アパレル企業の収益回復度合いにばらつき 西松屋、しまむらは好調【フルカイテン調べ】
2020年の日本eスポーツ市場、収益の約7割をスポンサー費が占める【角川アスキー総合研究所調べ】
イベント中止経験者のうち、6割以上がオンラインでの開催を希望【ネットプロテクションズ調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/22 16:45 https://markezine.jp/article/detail/36629

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング