SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、YouTubeを活用した商品認知・購買の成果最大化を支援するマーケティングサービスを提供開始

 サイバーエージェントは、芸能人・有名人のSNSプラットフォーム上での活躍を支援する専門組織「おもしろ企画センター」において、データに基づいた分析から、プロモーション動画の実績および商品売り上げの相関関係を計測可能にするサービスの提供を開始した。

 企業がYouTube内のタイアップ動画広告を行う際、プロモーションによる商品の認知および購買における正確な効果計測が難しい。こうした課題を解決するため同社は、独自のYouTubeマーケティングダッシュボード「Promotion Insight Report(プロモーション インサイト レポート)」を開発。同ダッシュボードを活用したマーケティングサービスを広告主企業向けに提供するに至った。

 「Promotion Insight Report」では、プロモーションの配信データを多角的に分析することで、動画の視聴回数・評価数・コメント数などの実績と、商品売り上げの数や金額、商品ページへの送客数などの相関関係を可視化。過去にその企業が実施したプロモーションとの比較や、同業種とのプロモーション比較も可能で、同業種との比較の際には、業種カテゴリーごとの平均数値と比較し該当プロモーションの成果を評価することもできる。

 実績の良い動画のノウハウから最適な戦略に活かすとともに、データに基づいたキャスティングからコンテンツプランニング、効果計測まで一気通貫のマーケティング支援を行うことで、広告主企業の広告効果の最大化を図っていく。

【関連記事】
CA、AIでランディングページ制作を刷新・改善する「極予測LP」の提供を開始
CA、「極予測トリミング」提供 AIで検索キーワードごとにCTR予測値が高い画像を一括制作可能に
CA、「DX Design室」設立 デジタルとリアルを繋ぐ最適なユーザー体験を実現目指す。
CA、タレントYouTubeチャンネルを支援するマーケティングサービスの提供を開始
CA、3DCG・XRを使ったイベントテックサービス「FUTURE EVENT Basics」を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/30 16:45 https://markezine.jp/article/detail/36685

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング