SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

“モバイルヒーロー”と考えるアプリマーケターのキャリア(PR)

優秀なアプリマーケターの共通項 Gunosy、メルカリ出身の「モバイルヒーロー」から学ぶキャリア設計

 マーケティング手法の多様化にともない、マーケターのキャリアプランも選択の幅が広がっている。様々な業種・職種・業務領域で養われたスキルセットは、複雑化するマーケティング手法の活用を助ける資産と言えるのではないだろうか。本連載では、様々なキャリアを重ねた末にアプリマーケティングの領域で活躍するマーケターを取材する。第1回のゲストは、Gunosyの藤原氏とトリビューの大西氏だ。両者が歩んできたキャリアを振り返るとともに、その道程で得た経験が現職にどう役立っているのかを聞いた。

新たな知見を求め、人材紹介事業からモバイルアプリの領域へ

MarkeZine編集部(以下、MZ):まずは、お2人が現職で担っているミッションと、これまでのご経歴についてお教えください。

藤原:Gunosyで、KDDI様との協業事業であるニュースアプリ「auサービスToday」と「ニュースパス」の事業責任者を務めています。

Gunosy メディア事業本部 アライアンスメディア事業部 部長 藤原寛史氏
Gunosy メディア事業本部 アライアンスメディア事業部 部長 藤原寛史氏

藤原:前職は、医療・介護系の人材事業を展開する会社にいました。Webの集客担当としてSEOやSEM、メルマガのCRM設計などを担当する中、予算や投資効率まで把握するくらいの精度でマーケティングを行っていました。

 ただ、プロダクトの設計やユーザー接点を含めたブランディングに集客担当者の立場では関与しにくいという側面がありました。そこで、「モバイルアプリのマーケティングなら、プロダクトの開発から投資、収益の連動性を一気通貫で見られるのでは」と考え、今までとは異なる知見を得るためにGunosyへ転職しました。

大西:私は2021年8月にジョインしたトリビューで、美容医療の口コミ・予約アプリのマーケティング責任者として組織の立ち上げを任されています。戦略の策定から実行までをリードしていくのが今後のミッションです。グルーポン、ナイキ、LINE、メルカリを経て、現職のトリビューは5社目にあたります。

トリビュー マーケティング責任者 大西正太氏
トリビュー マーケティング責任者 大西正太氏

投資から回収までのタイムスパンが長いニュースアプリ

大西:マーケターとしてのキャリアは1社目のグルーポンからスタートしました。そこでデジタルマーケティングのほか、プロダクトマネージャー(PM/PdM)を経験できたことがキャリアの資産になっています

 2社目のナイキではブランドマーケティングの部門でマスとデジタルのプロモーションを、3社目のLINEではマーケティング責任者として、自身が受け持つプロダクトの戦略設計から実行までを担当し、前職のメルカリでは新規ユーザー獲得の施策を講じるアクイジションチームに所属していました。

 グルーポンから異業種のナイキに移った際は、重視する指標に大きなギャップを感じました。グルーポンではアプリのインストール数やCPAを追っていたのに対し、ナイキでは「ナイキの理念やメッセージをどう伝えるか」「ナイキを選んでもらえる状況をいかに作るか」という部分を大事にしていましたね。

 指標が異なるにも関わらず、最終的にはどちらも売り上げにつながっていくところが面白いと感じました。

MZ:お2人が手掛けるアプリのマーケティングにおいて、他ジャンルのアプリにはない特徴と固有の課題感をお教えください。

藤原:まず、ニュースアプリの特徴として「投資から回収までのタイムスパンの長さ」が挙げられます。広告のマネタイズスキームでアプリを運営した場合、ユーザー獲得から投資回収までに数か月~数年かかるため、中間評価の指標が正しく機能しているかどうかが重要となる。つまり、単に広告の運用効率を改善するのではなく、ユーザー属性と収益の関連性を一定間隔で確認しながら、都度投資効率の再評価を行うような運用が求められるのです。

 また、auサービスTodayとニュースパスはauブランドとしてリリースしているアプリなので、一部の端末では購入時点でインストールされているなど、通常のアプリ集客と異なる特徴があります。ユーザーにはスマホ初心者が多く、低いハードルで気軽に使ってもらうための工夫が必要だったり、そもそもアプリを初回起動してもらうためのステップを設ける必要があったりと、通常のアプリマーケティングとは異なるKPI設計が必要となります。

(上)auサービスToday(下)ニュースパス
(上)auサービスToday(下)ニュースパス

次のページ
CtoCアプリのマーケティングには「2軸の訴求」が求められる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

坂本 陽平(サカモト ヨウヘイ)

理系ライター、インタビュアー。分析機器メーカー、国際物流、商社勤務を経てフリーランスに。ビジネス領域での実務経験を活かし、サイエンス、ODA、人事、転職、海外文化などのジャンルを中心に執筆活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/15 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37115

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング