SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BOOKS

唯一無二の体験提供を実現する 無形サービスのマーケティングで押さえるべきポイントとは【お薦めの書籍】


 顧客体験価値の向上が企業の至上命題となりつつある昨今。提供する商材が無形の「サービス」と有形の「モノ」のいずれであるかによって、価値を生むためのアプローチは異なるはずです。本記事では、サービスに特化してマーケティング手法を解説した一冊を紹介します。

「サービス」と「モノ」のマーケティングはどう違う?

 今回紹介する書籍は『サービス・マーケティング -- コンサル会社のプロジェクト・ファイルから学ぶ』。著者は、黒岩健一郎氏と浦野寛子氏です。

『サービス・マーケティング -- コンサル会社のプロジェクト・ファイルから学ぶ』2,000円(税抜)黒岩健一郎、浦野寛子(著)有斐閣
『サービス・マーケティング -- コンサル会社のプロジェクト・ファイルから学ぶ』
2,000円(税抜)黒岩健一郎、浦野寛子(著)有斐閣

 黒岩氏は青山学院大学の国際マネジメント研究科で教授を務める人物。苦情対応のマネジメントや市場志向の経営を専門分野とし、共著書に『マーケティングをつかむ(新版)』(有斐閣)や『顧客ロイヤルティ戦略:ケースブック』(同文舘出版)などがあります。

 一方の浦野氏は、立正大学の経営学部で教授を務めています。消費者行動を専門分野とし、分担執筆した『1からのデジタル・マーケティング』(碩学舎)は「日本マーケティング本大賞2019」の大賞を受賞しました。

 本書では「サービス・マーケティング」を、金融業や情報通信業、宿泊業のように無形のプロダクトを提供する場合のマーケティングとして定義。有形プロダクトとの対比を通じサービスの持つ特徴を明らかにした上で、オリエンタルランドやザ・リッツ・カールトンなどの各種事例から顧客満足度向上のヒントを紐解きます。

 本書においてまず興味深いのは、多くの人にとって改めて意識することが少ない、有形の「モノ」と無形のサービスの違いが明示されていることです。両者の間にどのような違いが見られるのか、その一部を紹介します。

サービスの同時性と変動性を活かしたオリエンタルランドの事例

 浦野氏は、両者の違いの1つとして「同時性」を挙げています。モノは生産されてから消費されるのに対し、多くの対人サービスは生産と消費が同時に起きると指摘。提供者と顧客が揃って初めてサービスの消費がなされるのだと述べています。

 また、変動性もサービスならではの特徴であると浦野氏。提供側・消費側の人的要因により、サービスの品質は同一たり得ないと語っています。そのような特徴を持つサービスのマーケティングにおいて、コアとなるフレームワークが「7P」です。

Product(プロダクト)
Price(プライス)
Promotion(プロモーション)
Place(プレイス)
People(ピープル)
Process(プロセス)
Physical Evidence(フィジカル・エビデンス)

(p.63)

 黒岩氏はオリエンタルランドの事例を7Pに沿って解説。同社は特に「ピープル」「プロセス」「フィジカル・エビデンス」において強みを持つと述べています。たとえば、東京ディズニーランドの「ジャングルクルーズ」というアトラクションにおいて、参加者の反応を見ながらキャスト(従業員)が話す内容を変える手法は、サービスの同時性や変動性を活かした効果的なプロセスであり、「参加者に唯一無二の体験を提供している」といいます。

苦情対応に満足した顧客の再購買率は高い

 提供品質が変動するサービスは、時に人的なミスなどの失敗をともないます。顧客の体験を損ね、不満を引き起こす失敗に対し、黒岩氏は「サービス・リカバリー」の重要性を強調しています。

 黒岩氏によると「サービスの失敗に直面して苦情を言い、サービス提供者の苦情対応に満足した顧客の再購買率は、サービスの失敗に直面しなかった顧客の再購買率よりも高い」とする調査結果があるといいます。

 事例として紹介されているビル・メンテナンス会社の四国管財では、従業員がボイス・メールを通じ「ラッキーコール」として苦情を迅速に報告。苦情のネガティブイメージを払拭し、報告を奨励する仕組み作りが顧客からの信頼獲得につながっているというのです。

 本書ではほかにも、サービスの脱コモディティ化や「NPS(Net Promoter Score)」を指標にしたブランド価値向上など、サービス・マーケティングの様々な手法を紹介しています。無形のサービスを提供する企業のマーケターや、今後そのようなビジネスを新たに展開しようと考えている方は、商材の特徴や戦略を体系的に学べる1冊として、手に取ってみてはいかがでしょうか。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡辺 佳奈(編集部)(ワタナベ カナ)

1991年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2013年に卒業後、翔泳社に新卒として入社。約5年間、Webメディアの広告営業に従事したのち退職。故郷である神戸に戻り、コーヒーショップで働く傍らライターとして活動。2021年に翔泳社へ再入社し、MarkeZine編集部に所属。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/11 12:22 https://markezine.jp/article/detail/37535

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング