SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

動画広告で指名検索経由のCVを2倍に マンパワーグループが10年ぶりの認知獲得施策に込めたねらいとは

 日本で最初の人材派遣会社であるマンパワーグループ社。2021年9月、同社では10年ぶりとなる認知向上を目的とした広告キャンペーンを実施した。本稿ではキャンペーンの実行に至った背景や施策のねらいについて、マンパワーグループと同社のパートナーを務めるADKクリエイティブ・ワンの担当者に話を聞いた。

「働く世界に力を与える」が企業理念

MarkeZine編集部(以下、MZ):まずは、皆様のご経歴と現在のミッションについてお教えください。

高木:私は1996年にマンパワーグループへ新卒入社し、派遣業務や支店の新規立ち上げに従事した後、マーケティングの課長職に就いていました。

マンパワーグループ 常務執行役員 マーケティング本部 本部長 高木慎介氏
マンパワーグループ 常務執行役員 マーケティング本部 本部長 高木慎介氏

高木:課長時代に企業ロゴのリブランディングへ携わり、テレビCMを担当しました。その後は一度現場に戻り、2016年から現在に至るまでマーケティング本部を統括する立場にいます。

 マンパワーグループは、実は日本で一番歴史のある人材派遣会社なんです。50年以上もの間、人材派遣をはじめ人材紹介や再就職支援など、あらゆる人材サービスを提供しています。「働く世界に力を与える」という企業理念のもと、求職者の方々に提供できる価値を社員一人ひとりが考え続けている組織です。

三橋:私はメディア企業で広告代理店やクライアントの媒体営業として広告に関わりました。その後はIT企業でマーケティング部門に数年間在籍し、マンパワーグループに入社したのは2019年です。現在は高木のチームで、求職者を対象としたリクルーティング領域のマーケティング活動に携わっています。

マンパワーグループ マーケティング本部 デジタル&コミュニケーション部 部長 三橋智広氏
マンパワーグループ マーケティング本部 デジタル&コミュニケーション部 部長 三橋智広氏

大沢:私は1997年にクリエイティブ志望でADKへ入社しました。最初は営業部配属でしたが、試験を経て6年目にクリエイティブ部門へ転局。以来20年ほどCMプランナーやクリエイティブディレクターとして、クライアントの広告案件をサポートしています。

ADKクリエイティブ・ワン クリエイティブ・ディレクター 大沢昌治氏
ADKクリエイティブ・ワン クリエイティブ・ディレクター 大沢昌治氏

「マンパワー」という言葉から社名を第一想起させたい

MZ:マンパワーグループでは、認知系の施策を10年以上実施されてこなかったそうですね。このタイミングでキャンペーンに着手された理由や背景についてお聞かせください。

高木:背景には、人材業界に衝撃を与えた2つの出来事があります。まずはリーマンショックです。一気に雇用が失われたことで、業界の形が大きく変わりました。

 次にコロナ禍です。テレワークが普及したことで、今度は働き方が大きく変わりました。人材派遣事業においても、派遣する“場所”があってビジネスが成立するという前提は見直されていくでしょう。

 このような社会背景とは別に、企業としての課題も。「コロナ禍で医療業界のマンパワーが足りない」といった表現をよく耳にする一方、マンパワーグループという社名はあまり知られていませんでした

 人材業界の変革期において我々の存在自体を知ってもらわないことには「働く世界に力を与える」という弊社のビジョンを実現できないのではないかと考え、キャンペーンの実施に踏み切りました。

次のページ
地方支店と連携しながら媒体を選定し、WebとDOOHで露出

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

坂本 陽平(サカモト ヨウヘイ)

理系ライター、インタビュアー。分析機器メーカー、国際物流、商社勤務を経てフリーランスに。ビジネス領域での実務経験を活かし、サイエンス、ODA、人事、転職、海外文化などのジャンルを中心に執筆活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/22 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37838

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング