SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

戦略的な人材育成に本気で取り組むI-neが導入!個人のスキルを可視化する「スキルトラッカー」とは?

 ボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST(ボタニスト)」で知られるI-neは、グロースXのマーケティングスキルトラッカー(β版)を導入し、同社の事業拡大を担うダイレクトマーケターの育成を進めている。「ダイレクトマーケティングの仕事をするならI-neと呼ばれるくらい、市場価値が高まるキャリアパスを作りたい」と話すのは、同社でダイレクトマーケティング本部を統括する伊藤翔哉氏。グロースXの津下本氏と一緒に、マーケターが活躍できる組織作りのポイントを語っていただいた。

I-neの強さの理由は「インハウスのマーケティング組織」

MarkeZine編集部(以下、MZ):今回は、戦略的な人材育成とマーケティング組織の強化について、I-neの伊藤さんと同社を支援するグロースXの津下本さんにお話しを伺います。まずは、I-neのマーケティングについて教えて下さい。

伊藤:I-neは、「BOTANIST(ボタニスト)」を代表ブランドとするビューティテックカンパニーです。創業当時からインハウスのマーケティングを重視し、Idea、Plan、Test、On-line/Off-line、Salesの頭文字を取った独自のフレームワーク「IPTOS(イプトス)」を用いたスピーディな意思決定を行うマーケティング施策を強みとしています。

ヘアケアや美容家電など全19ブランドを展開
ヘアケアや美容家電など全19ブランドを展開

 また、弊社は事業部制を敷いており、ブランドごとにECや営業、企画、リサーチなどの各部署を横串でまとめたチームで動いています。それぞれの部署の担当者が積極的に議論しながらビジネスを進めていく文化が根付いているので、チャレンジしやすい環境がありますね。たとえば、サブスクリプションで展開しているBOTANISTのプレミアムラインは、新卒3年目の社員がプロジェクトリーダーを務めています。

MZ:ヘアケアからメイクアップ商品まで幅広いブランドが次々と登場する背景には、そのような体制があるのですね。その上で、I-neのデジタルマーケティング組織を強化しようと考えた背景を教えて下さい。

伊藤:お話したような特性もあり、I-neには「自分でブランドを立ち上げたい」という思いを持った社員が多くいます。しかしながら、明確に体系化されたキャリアパスがなく、組織内には「自分はこの業務をずっと担当するのだろうか……?」など、キャリアに関する停滞感が少なからずありました。

I-neが定義する「ダイレクトマーケター」とは

MZ:目の前の業務に一生懸命取り組みつつも、先が見えない不安があったんですね。

伊藤:はい。そこで、今後の事業成長を最終的なゴールに、スキルアップをしたいというメンバーの気持ちにも応えられるようなキャリアパスを作りたいと思い、ECの収益化を最大化するマーケターをダイレクトマーケターと定義し、その育成プログラムを設計しました。

株式会社Ⅰーne 取締役 兼  ダイレクトマーケティング本部 本部長 伊藤翔哉氏
株式会社Ⅰーne 取締役 兼 ダイレクトマーケティング本部 本部長 伊藤翔哉氏

MZ:ダイレクトマーケターには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

伊藤:ダイレクトマーケターには、ブランドの起案からKPI設計、流通、リピート率の読みなど幅広い領域を見る、D2Cブランドの経営者レベルのスキルが求められます。ですので、一つひとつのスキルを定義し、ダイレクトマーケターに求められるスキルを体系化するとなると、とても難しいのです。そこで、グロースXの津下本さんにご相談しました。

次のページ
マーケターのスキルを可視化する「スキルトラッカー」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/22 10:00 https://markezine.jp/article/detail/38374

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング