SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

高い視聴完了率と安いリーチ単価を両立!グーネット事例から考える、Criteo動画広告のパフォーマンス

 Criteoが2022年5月「Criteo動画広告」の提供を開始した。同プロダクトを提供前からいち早く採用し、成果を上げているのがプロトコーポレーションの運営するクルマ情報メディア「グーネット」だ。今回はグーネットのWebプロモーションを担当する蠣﨑氏と大西氏、Criteoの松尾氏と森氏にCriteo動画広告が持つ魅力を聞いた。

新しい動画広告の配信先を開拓する

MarkeZine編集部(以下、MZ):今回グーネットでCriteo動画広告の活用に至った背景を教えてください。

蠣﨑:新しい動画広告の配信先を検討していたのが最初のきっかけです。これまではテレビCMの制作を管轄している広報が動画広告の配信先の選定までを行っていたのですが、Webプロモーションを担当する我々としては新しい広告の配信先を開拓してリーチを増やしたいと考えていました。

株式会社プロトコーポレーション ITソリューション4部 主任 蠣崎 沙英氏
株式会社プロトコーポレーション ITソリューション4部 主任 蠣崎 沙英氏

 その中で、Criteo動画広告がリリースされるとのことだったので、広報と調整して活用することを決めました。

MZ:動画広告のプロダクトはCriteo以外にもあると思いますが、なぜCriteoだったのでしょうか。

蠣﨑:Criteoは獲得に近い下位ファネルで貢献してくれている実績があったためです。私たちがコンバージョンを獲得する際に、Criteoはリスティング広告の次に効率が良い媒体だと考えています。成果も出ている媒体だったので、社内への提案もスムーズに進みました。

Criteoのデータを使い複数フォーマットで配信

MZ:では、Criteo動画広告がどのようなソリューションなのか教えてください。

松尾:Criteo動画広告は、月間14億人以上のアクティブな買い物客のデータや40億を超える商品データなどを含んだ、オープンインターネットの中で世界最大級のコマースデータセット「Criteoショッパーグラフ」を基盤とし、AIと機械学習によってターゲティングやフォーマットが最適化されるプロダクトになります。

 ターゲティングに関しては、Criteo AIが自動でオーディエンス選定を行う類似オーディエンスとCriteoショッパーグラフをもとに手動で設定するコマースオーディエンスの選択が可能です。コマースオーディエンスは、靴や洋服といったカテゴリーだけでなく特定のブランド名などを選択することで、それらに関心のあるユーザーにリーチすることができます。

CRITEO株式会社 Manager,Head of Direct Sales,Client Strategy 松尾 友直氏
CRITEO株式会社 Manager,Head of Direct Sales,Client Strategy 松尾 友直氏

MZ:動画に最適化されたフォーマットとのことですが、どのような配信フォーマットが用意されているのでしょうか。

松尾:現在はインストリームビデオ、アウトストリームビデオ、縦型ビデオの3つが用意されています。さらに、配信後もブランドリフト・サーベイを提供しているので、動画広告のパフォーマンスやユーザーの態度変容について検証することが可能です。

 また、「Criteoダイナミックリターゲティング」や「Criteoカスタマーアクイジション」など、Criteoのローワーファネル向けプロダクトと併用することでフルファネルのアプローチも可能です。たとえば、動画広告をクリックした方にダイナミックリターゲティングを見せるといったことができます。

Criteo動画広告の海外事例を掲載したホワイトペーパーを提供中!

 今なら、Criteo動画広告の特徴や海外事例が掲載されたホワイトペーパーがダウンロードできます。「動画広告の新しい配信先を検討している」「グーネット以外の事例も知りたい」という方におすすめの資料となっております。ぜひご覧ください!

【Criteo動画広告の製品特徴と導入事例をダウンロード】

次のページ
グーネット事例でわかる、Criteo動画広告のパフォーマンス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/28 11:00 https://markezine.jp/article/detail/39221

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング