SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

hey、OMO型の店舗運営を実現する「STORES ブランドアプリ」の提供を開始

 ヘイは、店舗アプリを簡単に作成できるサービス「STORES ブランドアプリ」の提供を開始した。

 同サービスはその店舗独自のアプリを簡単に作成でき、実店舗やネットショップの顧客情報・購買情報を一元管理するもの。管理画面でユーザーの利用状況を克明に可視化・分析し、各ユーザーに合わせたメッセージや特典を配信することで、実店舗でもデジタルでも細やかなコミュニケーションを実現する。

 オンラインとオフラインを行き来する消費者の購買行動が広がりを見せる一方、実店舗、ネットショップなどの顧客接点増加に伴う顧客情報の取得・統合・管理の負担が中小事業者にとっては大きな課題になっている。

 同社はこの課題を受け、同サービスを提供するに至った。機能や料金プランの詳細は以下の通り。

顧客情報を一元管理

  • 実店舗とネットショップの来店・購買行動を顧客ごとに紐付け
  • アプリ上のアンケート配信で個別の好みや嗜好性も取得可能

ユーザー・顧客に配慮したCRM設計

  • 顧客最適な「1to1」のメッセージ/クーポンの自動配信
  • アプリ認証方法が豊富(ICタッチ、レシート印字、QRコードなど)

「ポイント」や「ランク」によるロイヤリティ醸成

  • ポイント付与
  • ランク制度
  • 蓄積ポイントやランクに応じたロイヤリティ提供

顧客傾向分析

  • 新規/リピーター比率や会員属性、来店周期、再来店傾向
  • 曜日/時間帯、店舗別で分析が可能

 料金プランは導入費用0円、中途解約の場合は解約費用がかかる。顧客管理や自動Push通知などの基本機能を利用可能なスタンダードプランが22万円/月(税込)、POS・ECに連携可能で、購買情報の取得機能が充実したエンタープライズプランが33万円/月(税込)を予定している。

【関連記事】
Twitter、Shopifyとパートナーシップを締結 アプリで手軽なソーシャルコマースが可能に
過去2年間のWeb・アプリ利用状況発表 新型コロナの影響でサイト利用増加【Amplitude調査】
オロ、アプリ会員の活性化を促すサービスを開始 利用データを基に将来的なヘビーユーザーの獲得も支援
エブリーら3社、自社ネットスーパーを短期でアプリ化できるプラットフォームを提供
アプセル、CCIと業務提携 アプリ開発支援サービス「TORAMe for App」で制作・運営を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/08 16:30 https://markezine.jp/article/detail/39414

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング