SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クリムタン、 英国自動車メディア2社のファーストパーティデータと連携 車メーカー向けデータ提供を強化

 プログラマティック広告のクリムタンは、イギリス自動車業界のデジタルパブリッシャーであるオートヴィアならびにヘイマーケット・オートモーティブとパートナーシップを締結。両社のファーストパーティのオーディエンスデータを使用し、デジタル広告ソリューションを強化していくことを発表した。

 今回のパートナーシップ締結の背景には、グーグルのサードパーティCookie廃止と、自動車業界の電動化・それに伴う新興ブランドの市場への参加や、消費者動向の変化がある。

 「Autocar」「What Car?」などを運営するヘイマーケット・オートモーティブと、「Auto Express」「Car Buyer」などを運営するオートヴィアは、自動車専門メディアのリーダー的存在。両社が持つデータを組み合わせることで、クリムタンはウェブやその他のデジタルチャネルにおいて、データドリブンな広告ソリューションをクライアントに提供することを目指す。

 例として、パブリッシャーのデータから顧客の特徴を高度に捕捉し、メディアやデバイスを横断した配信をリアルタイムで実現することで、広告主は購入意欲が高い潜在顧客を正確にターゲティングできるようになる。それによって、位置情報技術を用いて関連性の高い広告を配信するデジタルOOHやコネクテッドTVなど、新しい広告フォーマットのクロスチャネルでの提供が可能となる。

【関連記事】
アドビ、「Adobe Real-Time CDP」の新機能を発表 ファーストパーティデータ活用を支援
DAC、1stパーティデータを活用し広告効果計測・サイト解析を行うソリューションの提供を開始
ADK MS、UNCOVER TRUTHと協業 1stパーティデータ活用支援サービスの提供を開始
インティメート・マージャーとfluct、1st Partyデータ支援サービスの提供を開始
博報堂DYグループ4社が結集し、1st Partyデータ活用を支援する専門チーム発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/22 15:30 https://markezine.jp/article/detail/39514

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング