SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AnyMind Group、約50億円の資金調達実施 アジアでのシェア拡大とM&A戦略を強化

 AnyMind Group(エニーマインドグループ)は、総額約50億円の資金調達を実施した。

 今回の調達では、既存投資家の三菱UFJキャピタルに加え、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ、JPインベストメント、野村スパークス・インベストメントが資産の運用を受託している日本グロースキャピタル投資法人、プロトベンチャーズなどの新規投資家を主な引受先とした、約40億円の第三者割当増資を実施。また、みずほ銀行より10億円の当座貸越枠を確保したことにより、総額約50億円を調達した。

 同社はこれまで約69億円の資金調達を実施しており、今回の調達により累計調達額は約119億円となる。

 同社は2016年にシンガポールにて創業。主に東南アジア諸国でインターネット広告を中心とするマーケティング事業を開始。その後、メディアやクリエイター支援、生産管理、ECサイト構築運用、物流管理、チャットコマース/CRM領域へとビジネス範囲を拡大。現在、13ヵ国・地域に17拠点を展開し、2021年12月期の売上は190億円を超えている。

 今回の調達の目的としては、チャットコマースプラットフォーム「AnyChat」、ECマネジメントプラットフォーム「AnyX」といった既存事業のさらなる強化と、ASEAN・インドなど、アジアの成長市場でのシェア拡大がある。

 また、これまで同社が行ってきたような、マネジメントメンバー獲得や新規事業への進出を目的とした企業買収への活用も見込まれている。

【関連記事】
AnyMind Group、インフルエンサー向けプラットフォームにファンマネジメント機能を追加
AnyMind Group、複数ECチャネルを一元管理するマネジメントプラットフォーム提供へ
AnyMind Group、Twitter Japanとの共同広告メニューを開始
AnyMind Groupと電通デジタル、物流領域運用とSNS施策によるEC事業の統合的な支援を開始
AnyMind Group、日本・アジア向けにEC・D2Cを月額定額型で支援するサービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/22 18:00 https://markezine.jp/article/detail/39521

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング