MarkeZine(マーケジン)

記事種別

小額予算でSEMを運用している方におすすめ。オーバーチュア認定「オンライン代理店」とは?

2008/06/10 13:00

オンラインから申し込んだ広告主の運用業務を代行するオーバーチュアの「オンライン代理店」制度。どのような仕組みのもと、どのようなサービスが受けられるのか、また、期待できるメリットは? オーバーチュア株式会社 オンラインセールス&サービス部の依田明氏に伺った。

※2013年1月29日よりYahoo!リスティング広告はYahoo!プロモーション広告に名称変更しました。

オーバーチュア「オンライン代理店」とは?

 スポンサードサーチをプロの視点からサポートするオーバーチュアの代理店(推奨認定、認定、契約代理店)は、広告効果の向上や運用の効率化を実現したいユーザーにとって、頼りになる存在である。しかし、これまでの制度では、広告費の基準が設けられていたこともあり、一定以上の規模の企業でなければ利用が難しい面もあった。

 そんな中、予算の規模に関わらずプロのノウハウを提供する「オンライン代理店」の創設は、中堅・中小企業や個人事業主にとって、まさに朗報といえるだろう。

「今までは自分で運用してたけど……」という広告主をサポート

 「オンライン代理店」を利用するユーザーの多くは、スポンサードサーチへの申し込みを自らの手で「オンライン」から行った広告主。代理店はユーザー名義のアカウントにログインし、広告の運用を代行する。広告効果の分析やアカウントの改善のほか、代理店によっては、ウェブサイトのコンサルティングなど各種のサービスを提供する。

 また、スポンサードサーチにこれから申し込みたいけれど、登録からアカウントの管理まで代行して欲しいというユーザーの場合は、登録から全て依頼し、コンサルティングを受けながらアカウントの管理を行ってもらうことができる。

オーバーチュアの販売代理店は全部で4種類。
今回紹介する「オンライン代理店」もそのひとつだ

【参考】 販売代理店について(オーバーチュア)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5