SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

半年で50本、指名検索が2倍!エン・ジャパン×ノバセルで行った、テレビCMクリエイティブのPDCA

 エン・ジャパンは注力事業である「エンゲージ」の認知拡大のため、運用型テレビCM「ノバセル」を採用した。テレビCM自体は以前より実施をしていたが、ノバセルによる新クリエイティブの放映によって指名検索が2倍になったという。本記事では、同社のブランド企画室マネージャーである日野氏に「ノバセル」がもたらしたクリエイティブの変化と、具体的な成果について伺った。

エン・ジャパンの注力事業である「エンゲージ」とは

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、ご経歴と現職の業務について教えていただけますでしょうか。

日野:エン・ジャパンの日野と申します。私は新卒でエン・ジャパンに入社し、最初の3年間はコピーライターとして求人広告制作に従事し、2016年に現在のブランド企画室に異動しました。エン転職をはじめとした各種サービスやコーポレートのブランド価値向上をミッションとし、テレビCM・OOHなどの企画制作、リサーチなどを担当しています。また、インハウスのクリエイティブチームのマネジメントも担っています。

MZ:エンゲージとは、どのようなサービスなのでしょうか。

日野:エンゲージは、全国の社員・アルバイト募集求人を掲載している求人メディアです。社員・アルバイト総合型サイトとしては、国内No.1の求人掲載企業数を誇ります。

着実に効果の出る認知施策として、運用型テレビCMに注目

MZ:今回、運用型テレビCMを検討されたきっかけを教えてください。

日野:エンゲージは、弊社が2022年に発表した中期経営計画において、HRテック領域の新ビジネスとして成長させていく投資事業に位置付けられています。当社の今後を担う事業として、目標もかなり高く設定しています。それだけに、マーケティングでも確実な成果を求められています。

 デジタル広告にも積極的に投資をしていますが、それだけでは獲得量に限界があります。着実なビジネス成長を考える上で、テレビCMは必須だと考えています。認知獲得に優れたテレビCMで土台を作りながら、ユーザーを増やしていく戦略です。

 テレビCMの中で確度が高い方法を探ると、クリエイティブに対してPDCAを回しながら着実に改善していける、運用型テレビCMが選択肢として挙がってきたのです。

エン・ジャパン株式会社 ブランド企画室 クリエイティブグループ マネージャー 日野将志氏
エン・ジャパン株式会社 ブランド企画室
クリエイティブグループ マネージャー 日野将志氏

MZ:たくさんのテレビCMを行っているエン・ジャパンさんですが、運用型テレビCMは今回が初めてだと伺っています。社内では戸惑いはありませんでしたか。

日野:当社もかなりデジタル広告への投資が増えています。「PDCAを回すのが普通」「効果がデータで見られる方が普通」という考えが浸透してきており、社内での反発はありませんでした。むしろフロントに立つ私たちの方が、今までと違うやり方に対して緊張感を持っていました。

MZ:ノバセルさんを選ばれたポイントを教えてください。

日野:運用型テレビCMといえば「ノバセルさんは第一人者」という認識がありました。

 当社の社外取締役からの紹介や、ノバセル代表である田部さんのセミナーに参加したこと、タクシー広告でよく見かけていたことなどもあり、我々のマインドシェアにおいてノバセルさんの比率が高かったですね。

次のページ
指名検索は約2倍!最強コンビネーションを発掘せよ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

那波 りよ(ナナミ リヨ)

フリーライター。塾講師・実務翻訳家・広告代理店勤務を経てフリーランスに。 取材・インタビュー記事を中心に関西で活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/30 11:30 https://markezine.jp/article/detail/40037

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング