SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2022 Autumn(PR)

GA4の活用でオウンドメディアやコンテンツの価値はさらに高まる。指標やレポート例を解説

 2023年7月に現行Google Analytics(GA)が利用停止となることが発表され、オウンドメディアを運営する企業にとってGoogle Analytics4(GA4)への移行は必須となる。だが、GA4は現行GAとは異なる指標や項目の定義が用いられるため、これまでの評価方法を改める必要がある。新しいアクセス解析のスタンダードとなるGA4を活用して、どのようにオウンドメディアやコンテンツの評価をすればよいのか。MarkeZine Day 2022 Autumnにおいて、株式会社Faber Company執行役員であり、SEOツール「ミエルカ」のプロダクトオーナー・月岡克博氏が「GA4を活用したオウンドメディア評価方法」を解説した。

期限は2023年7月。早期にGA4に慣れていく必要がある

 2022年3月16日、Googleは2023年7月をもってGoogle Analytics(ユニバーサルアナリティクス:UA)の計測を停止すると発表。Webマーケティングやメディア運営に関わる人にとって、次世代版のアクセス解析ツールGoogle Analytics4(GA4)への移行は避けられない事柄となった。

 Faber Companyは、SEOツール「ミエルカ」をはじめ、Webマーケティングを支援する様々なツールとリソースを提供する企業。約1900社に導入が進む「ミエルカ」のプロダクトオーナーを務める月岡氏は講演冒頭で、「GA(UA)とGA4は全然違うもの。早めに移行して、GA4による評価指標や方法を決めておかないと困ることになる」と警鐘を鳴らした。

株式会社Faber Company 執行役員 月岡克博氏

 GA(UA)はセッション単位でアクセスを評価するのに対し、GA4ではユーザー単位での評価に変わる。つまり、「30日前にアクセスして、今日コンバージョンした」といった行動がユーザー単位で取得できるということだ。

 GA(UA)ではPV、イベント、セッション、CVなど様々あった項目が、GA4ではすべて「イベント」に統一される。名前が同じ項目もあるが、定義が変更となったものもあるので、GA(UA)とGA4では数値がずれる。

 ユーザーの考え方も変更になった。GA4では、アクティブユーザーの考え方を採用しており、ブラウザが一番上での表示になっていない場合、アクティブユーザーとしてカウントしないという計測ができるようになっている。さらに直帰率やエンゲージメントに関しても考え方が異なり、単純比較できない状態なのだ。

 「僕もGA4を初めて触ってみて、最初は『難しいな』という印象を受けました。これから少しずつ慣れていかないと、後々分析やレポートで困ることになりそうです」(月岡氏)

GA4を活用できればコンテンツの価値はより評価しやすくなる

 活用に慣れは必要なものの、GA4では、オウンドメディアやコンテンツの価値は評価しやすくなったと月岡氏は語る。その理由は3つある。

(1)セッションをまたいでユーザー単位で評価

 ユーザー単位で捉えることが可能となるため、セッションをまたいだユーザーの動きを追っていくことで、コンテンツ接触のしばらく後にコンバージョンしたものもカウントすることができ、コンテンツ価値を評価しやすくなった

(2)スクロールや動画再生などアクションが取りやすい

 スクロールや動画再生数、再生率を新しくデフォルトで計測できるようになった。ユーザーがコンテンツに触れた上で起こしたアクションが見えやすくなっていることも、評価のしやすさにつながる。

画像を説明するテキストなくても可
GA4で計測できるイベントの例
(3)ユーザー満足度を測りやすい

 GA4ではエンゲージメントを「10秒以上の滞在」「2ページ以上の閲覧」「CVイベント発生」と定義している。アクティブ時間やエンゲージメントはコンテンツやWebサイトにおけるユーザー満足度をわかりやすく把握できる指標となる。

次のページ
オウンドメディア・コンテンツを評価するレポートの作成例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2022 Autumn連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

落合 真彩(オチアイ マアヤ)

教育系企業を経て、2016年よりフリーランスのライターに。Webメディアから紙書籍まで媒体問わず、マーケティング、広報、テクノロジー、経営者インタビューなど、ビジネス領域を中心に幅広く執筆。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/02 10:00 https://markezine.jp/article/detail/40269

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング