SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYグループ、データ分析をもとに小売店の配荷力向上を目指す「配荷方程式」の提供を開始

 博報堂をはじめとするグループ9社横断の戦略組織「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」は、トレードマーケティング分析ソリューション「配荷方程式」の提供を開始した。同ソリューションは店頭系データを統合的に分析し、小売店における消費財メーカーの売り上げ成長を目指す。

 具体的には、複数の購買データなど店頭系データを活用し「販売店率」「棚割りにおけるカテゴリー内の優位性」「店頭における棚割り実現率(棚割りの実際の各店舗における実現度合い)」「価格優位性」といった要因について改善箇所を抽出。配荷力の向上を目指していく。

 店頭接点に強みを持つ博報堂グループのセレブリックスが小売店の店頭データを収集し、博報堂のデータサイエンティストが機械学習などを用いてデータを統合的に分析。その結果をもとに対象商品の売り場起点の課題や、小売店の定番棚において自社ブランドが売り上げに与える影響度合いはどの領域の指標が高いのかを算出する。

 また、改善によりどの程度の売り上げ向上が見込めるのかのシミュレーションも可能だ。これらの分析結果にもとづき、博報堂プロダクツが最適な店頭設計を行う。

【関連記事】
博報堂DYグループ、新会社「SP EXPERT’S」を設立/販促DXを支援し新たな買い物体験を提供
ソウルドアウトが博報堂DYグループ傘下に デジタル広告にとどまらないソリューションの提供を目指す
博報堂DYグループ、広告×販促×店頭領域を統合するOMOソリューションの提供を開始
博報堂・博報堂DYMP・DACの3社、マーケティングDX・メディアDXを推進する横断組織を発足
博報堂DYMPと博報堂DYアウトドア、 西友店頭レジ横サイネージ媒体を開発・販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/17 08:45 https://markezine.jp/article/detail/40608

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング