SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

COLUMN

ベテランマーケターのセカンドキャリア

 「人生100年時代」と言われる現代。マーケターとしてキャリアを重ね続けた先には、どんな道が拓いているのか。マーケティングの実務を離れて自社の役員職に就いたり、CMOクラスの専門人材として様々な企業を渡り歩いたりすることだけが、ベテランマーケターの終着点ではない。35年のマーケティングキャリアを経て独立した山本浩一氏は、元電通のミドル層が集う新組織「ニューホライズンコレクティブ」のメンバーとして活動している。本稿では同氏のキャリアを振り返るとともに、ベテランマーケターが長く活躍し続けるためのヒントを提示する。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
COLUMN連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山本 浩一(ヤマモト コウイチ)

 東京大学工学部卒、1986年に電通入社。外資×テクノロジーの分野で主に戦略マーケティングとして活躍。1999~2000年、米コロンビア大にMBA留学。その後、電通総研、クリエイティブ部門、社長室を経て退職。2021年1月より「ニューホライズンコレクティブ」に参画。専門領域はグローバル・ブランド・マ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/05 09:00 https://markezine.jp/article/detail/40653

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング