SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

TikTok広告マーケティング最新事例&動向(AD)

ライブ配信を文化に!毎日数万人のクリエイターが配信する急成長中の「TikTok LIVE」とは?

 群雄割拠のライブ配信市場。主要なプラットフォームも軒並みライブ配信機能を搭載している。そんな中「TikTok」のライブ配信機能「TikTok LIVE」は、ギフティング(編集部注:投げ銭)の額が1年で約15倍増加。国内の主要ライブ配信サービスの中でギフティング額1位(出典:data.ai)を記録するなど、急成長を遂げている。今回は、TikTok LIVEの日本運営責任者を務める孫曄氏を取材。TikTok LIVEの魅力や特徴、今後の展開を聞いた。

毎日数万人のクリエイターが配信

——まずは孫さんの自己紹介をお願いします。

 新卒で商社に入社し、ライブゲーム配信プラットフォームの立ち上げをはじめとする事業に携わった後、2021年10月にTikTokへジョインしました。現在はTikTok LIVEの日本運営責任者として、国内のTikTok LIVEを統括しています。

TikTok Japan TikTok LIVE運営責任者 孫曄氏
TikTok Japan TikTok LIVE運営責任者 孫曄氏

——TikTok LIVEとはどのようなものなのか、改めて教えていただけますか?

 TikTok LIVEは、TikTokに実装されているライブ配信機能です。クリエイターとユーザーがリアルタイムに交流できるほか、その場でコミュニティを形成することもできます。

 実装から2年以上が経ちましたが、おかげ様で多くの方々に利用していただいています。日本ではデイリーで数万人のクリエイターが配信しており、雑談や歌、ゲーム、イラスト、お笑い、マジックなど配信内容は様々です。年代・性別を問わず、幅広い方々にお楽しみいただいています。

——各社がライブ配信プラットフォームを運営し、各種プラットフォームにもライブ配信機能が搭載されていますが、TikTok LIVEならではの特徴を教えてください。

 主な特徴を3つ紹介します。1つ目はTikTok独自の「レコメンドシステム」です。TikTokの「おすすめ」フィードで、ユーザーの興味に合わせて厳選したライブを表示するため、好きなクリエイターや、自分にとって居心地の良いコミュニティを見つけやすくなっています。一方で、ユーザーの好みから少し外れたコンテンツをあえてレコメンドし、セレンディピティを生み出すこともあります。また、TikTokはグローバルなプラットフォームでもあるため、TikTok LIVEではレコメンドシステムを通して海外のクリエイターやユーザーとも出会いやすいと思います。

ユーザーとのタッチポイントが多い分ファンがつきやすい

 2つ目は「インタラクティブ性」です。クリエイター同士、あるいはクリエイターとユーザーのコラボ機能を備えている点は大きな強みです。18歳以上であれば、ギフティング(編集部注:投げ銭)を送ることも、受け取ることもできます。クリエイターとユーザーが一緒にコンテンツを作り上げる共創型のクリエイティブと言えるでしょう。

 そして3つ目は、クリエイターにファンがつきやすいこと。TikTokというプラットフォーム自体が世界で10億以上のMAUを抱えているため、TikTok LIVE内でコンテンツを提供すれば、レコメンドシステムを通じてそのコンテンツが好きそうなユーザーに届くからです。オーガニックファンがつきやすい仕組みになっています。

 また、TikTokがライブ配信のためだけのプラットフォームではないことも影響していると考えます。TikTok内ではライブ配信以外のコンテンツも発信できるため、様々な形で幅広いタイプのユーザーにリーチすることが可能なのです。実際、多くのクリエイターから「TikTok LIVEを始めたらTikTokのフォロワー数が増加した」という声が寄せられています。元々ほかのプラットフォームでライブ配信をしていた方はもちろん、未経験でチャレンジする方も参入しやすい点がTikTok LIVEの特徴です。

次のページ
圧倒的なアクティブユーザー数とギフティング額

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
TikTok広告マーケティング最新事例&動向連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/20 17:14 https://markezine.jp/article/detail/40682

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング