SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCCマーケティング総研、2022年9月の「産業動向レポート」「産業天気予報」を発表

 CCCマーケティング総研は、2022年9月の「産業動向レポート」および「産業天気予報」を発表した。

 今回のレポートは、CCCマーケティングがT会員にサービス提供している家計簿アプリ「レシーカ」の約5万人のレシートデータと、同社による全国主要企業へのヒアリング調査に基づき、「食」業態を中心に動向がまとめられている。

2022年9月の「産業天気予報」
【クリックすると拡大します】
2022年9月の「産業天気予報」

 コロナ禍直後、コンビニエンスストアでは利用が大幅に落ち込んだが、家族利用への対応、買い上げ点数増をねらって「小ポーションメニュー」を導入する動きが強まった。家族利用におけるプラスワンの買い足し需要の他、摂取カロリー抑制を意識する女性層や1回当たりの食事量が減っているシニア層、小腹満たしの若年層など、多様な層の利用獲得と堅調な売上につながっている。利用単価でも小ポーションメニューによる併買が購買単価の減少を抑える効果を見せた。値上げが続くこの冬以降、これらのアイテムの拡充は業績に影響する可能性もある。

 小ポーションメニュー、ハーフサイズメニューの導入は外食企業でも広がってきている。おり、中華業態では、小ポーションメニューの導入が一般化しつつあることで、コンビニエンスストアと同様に客層拡大につながっているケースが目立つ。一方、洋食ファミリーレストランでは、それ以前の課題としてファミリー需要の回復が後れ、シニア利用が落ち込んでいるチェーンが散見される。これに加え、小ポーションメニュー対応などが進んでいないことも、中華業態の利用拡大との違いになっていると考えられる。

 コンビニエンスストアや先行して小ポーションメニュー導入に動いている外食企業の利用を見ると、単価積み上げの効果とともに、利用時間帯による浮き沈みを安定化させる効果も見られる。

【関連記事】
CCCマーケティング総研、2022年8月の「産業動向レポート」「産業天気予報」を発表 
10業種の顧客満足度を調査/ヨドバシカメラ、無印良品などがランクイン【サービス産業生産性協議会】
生活者の時間帯ごとの行動、平日夜の21時30分に自由時間になる人が最多【CCCMK総研調査】
Z世代の購買プロセスは回遊型へ SHIBUYA109 lab.とCCCMK共同調査
ミドル世代の約68%が趣味を持ちたいと回答 家族との同居形態で意識に差【CCCMK調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/01 10:00 https://markezine.jp/article/detail/40695

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング