SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

「もしゴキブリがInstagramを運用したら」 アース製薬の風変わりな企画がバズったワケ

 2022年6月にInstagramの公式アカウントを開設したアース製薬。「もしもゴキブリがInstagramをやったら」という奇抜な設定で運用を開始したところ、2週間でフォロワーが約13倍に増加し、Twitter上のUGCは2.5万以上リツイートされた。今回は、企画の仕掛け人であるアース製薬の稲積氏とテテマーチの福間氏を取材。ユーザーが思わず拡散したくなる設計や、一発屋で終わらせないアカウント運用のポイントを聞いた。

“映え”にくい虫ケア用品をどう訴求するか

MarkeZine編集部(以下、MZ):初めに自己紹介をお願いします。

稲積:アース製薬のマーケティング部門で、SNSやWebサイトを通じた商品プロモーションを企画・実施しています。現在入社7年目で、以前は広告会社に在籍していました。

アース製薬 マーケティング総合企画本部 コンシューマーマーケティング部 マーケティングコミュニケーション課 課長 稲積大輔氏
アース製薬 マーケティング総合企画本部 コンシューマーマーケティング部 マーケティングコミュニケーション課 課長 稲積大輔氏

福間:テテマーチでプランナーを務める福間です。SNSを軸とした様々なプロモーション企画や戦略を企業様向けに提案しています。アース製薬様とのお取り組みが始まったのは、1年ほど前からです。

テテマーチ CCO 福間昌大氏
テテマーチ CCO 福間昌大氏

MZ:まずはアース製薬のマーケティング戦略からうかがえますか。

稲積:当社ではテレビCMなどのマスマーケティングを中心に行ってきたのですが、ここ10年でデジタル化が進みスマホが普及したことを受け、最近ではSNSにも注力していました。商品によって異なるものの、当社の主なコミュニケーションターゲットは30~40代の女性です。この層の方々がよく利用するInstagramは特に無視できませんでした。

 Instagramの公式アカウントを開設して早速運用を始めようとしましたが、ここで1つ懸念が浮かびました。「インスタ映え」という言葉が流行ったように、Instagramは写真中心のSNSです。一方、当社のメイン商品は映えさせることが難しい虫ケア用品。虫のイラストが描かれた商品パッケージに抵抗を示す方も多い中、Instagramで虫を出さずに虫ケア用品を訴求するのは不可能だと考えました。しかし、最近は“映え”を重視する流れが変わりつつあることを知り、映え以外のアプローチをテテマーチさんに相談させていただきました。

「アース製薬、やってるな」と言われる企画に

福間:虫を映さないことと、アース製薬様の他の商品も知ってもらうきっかけを作ることが我々のミッションでした。アース製薬様は「ごきぶりホイホイ」のような虫ケア用品だけでなく、「モンダミン」や「バスロマン」など、幅広いジャンルの商品を提供されています。加えて、稲積さんからは「『アース製薬、やってるな』と言われる企画を作りたい」という強いご意向もうかがっていました。

稲積:Instagramの企業公式アカウントとしては後発にあたるため、とにかくインパクトを持たせたかったんです。チャレンジを奨励する社風が後押しして、臆することなく攻めの企画に打って出ることができたと思います。

MZ:そうして生まれた企画が「もしもゴキブリがInstagramをやったら」ですか。

福間:企画で試行錯誤していたときに「〇〇が××だったら」というフォーマットが思い浮かんだんです。ゴキブリがインスタグラマーだったら、地面に這った視点から日常の風景を投稿するかもしれないなと。ゴキブリ目線の投稿ならゴキブリ自体が画像に写ることはないため、当初の条件はクリアできます。

 さらに、ゴキブリが人家に迷い込んだ設定にすれば、オーラルケアや入浴剤、掃除用品など、アース製薬様の他の商品も映してPRすることができると考えたんです。主人公のゴキブリが住宅内を冒険するストーリーのほか、投稿数や各投稿に添える日記風のキャプションまで決めてからアカウントを開設していただきました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
気付いた人の優越感が拡散を生む

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/01/11 08:00 https://markezine.jp/article/detail/40818

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング