SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

世界の循環型経済市場は、今後年20%の成長率に/注目すべき4つの消費トレンドとは【スタティスタ調査】

 統計調査データプラットフォームを提供するスタティスタは、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の市場規模が2026年には7,127億ドルになる見込みを発表。2022年の3,339億ドルから、年率約20%の成長を予想している。

 また、レポート「Consumer trends 2023: Sustainability edition」を公開。同社のリサーチチームは「サステナビリティに関する言及についてより透明性を求められるでしょう」とコメントしている。

クリックして拡大

 同レポートでは、サステナビリティ目標達成に向け企業の取り組みが加速するポイントについて言及。循環型モデル4R、ラグジュアリーブランドにおける中古品サービスへの進出、修理による消費財のライフサイクルの延長、次世代素材の開発などが挙げられた。

 なお循環型モデル4Rとは、「Reuse(繰り返し使う)・Rental(借りる)・Refurbish(修理する)・Recycle(リサイクルする)」の頭文字をとったもの。

クリックして拡大

 加えて、循環型モデル4Rにおいてそれぞれの市場の今後を予測した。「Reuse」は2026年の市場規模は3,341億ドルの見込みであり、2026年の主要カテゴリーはアパレル(995億ドル)となる。「Rental」は2026年の市場規模は1,163億ドルの見込みで、主要カテゴリーはDIYとハードウェア(400億ドル)と示した。

 「Refurbish」の2026年における市場規模は2,622億ドルを見込んでおり、主要カテゴリーは家電製品(1,197億ドル)に。「Recycle」では45%の消費者が「リサイクルされていない製品を買うことに、もう興味がない」と回答した。

【関連記事】
「サスティナブル」の内容を知っている人は3割弱/詳しく知っている人は1割台【LINEリサーチ調査】
サイバー・バズ、サスティナブルに特化したD2C事業を開始 ディレクターとしてモデルのローラ氏が就任
電通ジャパンネットワーク、Z世代の視点を活かしたソリューション提供 企業のサステナビリティ推進を支援
電通ジャパンネットワークら、「サステナビリティに配慮したイベントガイドライン」を公開
ゴールドウイン、買い取ったキッズ製品をリペアして販売するサステナブル・レーベル始動 PARTYが支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/02/07 08:45 https://markezine.jp/article/detail/41195

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング