SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エンジニアの結婚相手、「仕事に理解がある」が9割

 「リクナビNEXT Tech総研」では、25~39歳までの既婚エンジニア600人に、「結婚後の仕事や生活への影響」「結婚相手の仕事に対する理解度」「結婚してよかった点&後悔している点」についてアンケート調査を行った。

 「結婚後の仕事や生活への影響」について、「影響があった」と回答した人は約4割で、およそ7~8割が「早く帰るようになった」と回答している。また、「結婚相手の仕事に対する理解度」では、9割近くが「理解がある」と回答しており、その理由として、「仕事が忙しかったり、帰りが遅くなっても理解してくれる」「仕事の愚痴話に付き合ってくれる」などと答えている。
 
 「結婚してよかった点」では、「家族がいることの安心感」という回答が多く、「結婚して後悔している点」については「自分が自由に使えるお金や時間が減った」という意見が多く見られたという。

 エンジニア職は、納期に追われて残業などが続く「デスマーチ」などが多い「3K」職のひとつに数えられることも多いが、結婚がきっかけでワークライフバランスが保たれるようになるというのは、ある意味理想形とも言えるのではないだろうか。しかし、結婚しても「影響があまりないい・全くない」が半数以上占めることを考えると、現実はそう甘くはないようだ。

【関連記事】
仕事・結婚・子育て…人生の決断を迫られる30代男性をターゲットにした「ボクナリ」
所得格差が結婚に影響、「第1子出生」が最も高いのは夫婦合計所得「100万円未満」【厚生労働省調査】
結婚相手を選ぶ条件は「性格・価値観・愛情」、現代日本女性の結婚トレンドは「等身大婚」へ
未婚の男女にとって、正月帰省はプレッシャー【独身男女の恋愛・結婚観調査】
エンジニアの冬のボーナス、8割が貯蓄派だがFXに燃える投資派も【Tech総研調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/19 14:57 https://markezine.jp/article/detail/4160

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング