SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

koyoiとスマドリ、Z世代のカンパイを創出するプロジェクトを発足 気持ちに寄り添う商品開発を目指す

 低アルコールD2Cカクテルブランド「koyoi」を提供するSEAMとスマドリは、飲用シーンを起点とした生活者巻き込み型の商品開発プロジェクトを発足した。開発した商品は7月から、スマドリバー渋谷と、SEAM運営のECサイトで発売予定。両社はZ世代の“カンパイ”の機会創出を目指す。

 スマドリは、お酒を飲む人も飲まない人も互いが尊重し合える社会の実現を目指す「スマートドリンキング」の推進に向けて、2022年1月にアサヒビールと電通デジタルが共同で設立。「お酒を飲まない/飲めない」人に焦点を当てて、デジタルを中心としたコミュニケーション活動の設計やデータマーケティングを行っている。

 一方、「koyoi」は、世界各地から厳選したフルーツとハーブとスパイスを用いた相性の良いお酒を組み合わせ、素材本来の香りや味わいを引き立たせた低アルコールカクテルのブランド。

 同プロジェクトでは、Z世代が参加するワークショップの実施により、Z世代の気持ちに寄り添った商品の開発を行う。ワークショップには、Z世代の「koyoiファン」「スマドリアンバサダー」「インフルエンサー」とスマドリバー渋谷のバーテンダーが参加。「誰かと大切な時間を共有する」をテーマに、商品開発に向けて「飲みたくなるシーン」と「そのシーンに合うお酒のフレーバー」などのアイデア出しを実施する。そして、出てきたアイデアを基にスマドリとSEAMが複数の試作品を製造・試飲などを経て商品化を目指す。

【関連記事】
電通デジタルとアサヒビールが合弁会社「スマドリ」を設立 デジタルでお酒の飲み方の多様性を推進
Z世代のキャンペーン利用状況/割引情報を知り購入に至ったきっかけ1位はインスタ【THECOO調査】
アイ・エヌ・ジー、渋谷トレンドリサーチ公式サイトを開設 Z世代の調査データやトレンド予想を掲載
REALITY、メタバース上のサウナイベントの来場者データを公開 半分以上がZ世代、6割は女性に
Z世代に聞く2022年のトレンド調査/「なにわ男子」や「silent」がランクイン【テスティー調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/03/16 15:00 https://markezine.jp/article/detail/41687

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング