SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループ、個人情報保護に対応した行動データを活用しBtoB企業の広告と営業のデジタル変革を推進

 電通グループは、米国のBombora(以下、ボンブーラ)と日本国内における販売パートナー契約を締結した。

 ボンブーラはメディアネットワークである「the Co-op」を運営し、BtoB企業向けに個人情報のプライバシー保護に適応したインテントデータ(企業の興味・関心に関するインサイトを多く含む、ウェブサイト上の行動データ)におけるソリューションを提供している企業だ。

 同契約により電通グループの日本事業を担うdentsu Japanは、ボンブーラのインテントデータに基づき国内のBtoB企業に対する国際的な販売競争力を強化。さらにデジタルマーケティング戦略と営業オペレーションを統合的に支援し、広告の高度化・効率化を実現する広告変革領域(AX)と営業基盤の変革を実現するデジタル変革領域(DX)の事業強化を推進していく。

【関連記事】
運用型広告、2兆円を突破/電通グループ5社が「2022年 日本の広告費」の詳細分析を発表
電通グループ、朝日放送テレビなど7社とクリエイター向けNFT活用の実証実験を開始
電通グループ、NFTを活用したコミュニティ形成の実証実験「絵師コレクション」を開始
メタバースの認知、70%を超える/課金総利用額は約3倍に【電通グループ調査】
電通グループ、「世界の広告費成長率予測」を発表 2023年は3.8%成長、初の100兆円見込む

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/03/22 07:45 https://markezine.jp/article/detail/41736

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング