SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第93号(2023年9月号)
特集『事業フェーズ×組織規模で見る「BtoBマーケティング」』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

約16%が検索にChatGPTを利用するも、うち約8割は「検索エンジンで正否確認」と回答/ナイル調査

 ナイルは全国の男女2,204人を対象に、ChatGPTと検索エンジン使用時の検索行動に関するアンケート調査を実施した。

利用サービスTop3は「検索エンジン」「SNS」「ChatGPT」

 何か調べものをする際に利用したことのあるサービスを聞いたところ、トップ回答は「検索エンジン(73.5%)」に。2番目以降に「SNS(52.4%)」「ChatGPT(16.6%)」が続いた。

正否確認に検索エンジンを使用した人は約8割

 検索目的でChatGPTを利用したことがあると回答した433人に「ChatGPTの回答に対して、正否を確かめるために検索エンジンを使用したことがあるか」と質問。その結果「使用した」と回答した人は79.7%に上った。

ChatGPTで正しい回答を得るまで2~3回質問

 直近の検索で、ChatGPTと検索エンジンそれぞれで回答を得るまでの行動を聴取。その結果、ChatGPTでは「2~3回質問を続けた(47.7%)」が最多回答に。一方の検索エンジンでは「1回の質問で答えが出た(39.1%)」に最も票が入った。

【調査概要】
期間:2023年5月1日(月)~8日(月)
方法:インターネット調査
対象:全国の20~40代の男女2,204人

【関連記事】
ChatGPTの認知度は4割以下/使用経験者の9割以上が「便利」と回答【チャットプラス調査】
AI生成コンテンツ「積極的に使用」と回答したマーケターは米国で約6割/日本では約3割【アドビ調査】
メタバースの認知率は83%/実際の利用者は5%で、うち6割がスマホでアクセス【三菱総合研究所調査】
生成AIの使用経験「あり」と回答した人は14.9%/使用経験者の最も多い職業はエンジニア/ナイル調査
広告会社・広告主共に半数以上の意思決定者がCookie・IDレスを楽観視した回答【Ogury調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/05/18 08:45 https://markezine.jp/article/detail/42263

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング