SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ネットマーケティング実践ノウハウ

バイラルプロモーションを成功させる3つのポイント
映画「ジャンパー」の事例を検証


 ネットを使ったプロモーション手法が数多く登場している。その中のひとつである「バイラルプロモーション」も、近年注目を浴びる手法のひとつだ。今回は、「ジャンパー」の事例を例にバイラルプロモーションを成功させる基本的なポイントを押さえていきたい。

市民権を得つつある、バイラルプロモーション

 クチコミにより認知の輪を広げるプロモーション手法「バイラルプロモーション」が浸透している。

 しかし、一口にバイラルプロモーションといっても、その内容は多岐に渡るが、現在のところ特に高い効果を上げているのが、ブログパーツ(ブログのサイドバーに貼付可能なウィジット)を利用したブログパーツプロモーションである。

 ブログパーツプロモーションでは、認知を高めたい商品やサービスのブログパーツをユーザに配付し、自身のブログに貼ってもらうことで、認知を高めたりやプロモーションサイトへの誘引を獲得することを目的とする。成功するブログパーツプロモーションでは、ブログを訪れたブロガーがそのパーツを自身のブログに持ち帰って貼ることで、ブロガーからブロガーへと次々とパーツが感染していく現象が起きる。

 私はバイラルプロモーションASPサービス「CROSSMARC」の開発者として、数多くのブログパーツプロモーションに携わってきた。その中でも最近の成功事例を一つご紹介したい。

「ジャンパー」のバイラルプロモーション事例

 今年の3月に日本で公開された「ジャンパー」という映画をご存知だろうか?

 世界中のあらゆる場所に瞬間移動できるという特殊な能力を持つ主人公の活躍を描いたアメリカ映画で、本国同様日本でもスマッシュヒットを記録した。そのヒットに一役買ったのが、期間限定で配信されたジャンパーブログパーツである。

 ジグノシステムジャパン社を中心に企画・運営された本プロモーションでは、主人公の特殊能力である瞬間移動を使って、同じブログパーツが貼られたブログに次々とジャンプし、最終的に映画のキャンペーンサイトに辿り着くというギミックを持ったブログパーツを配付した。

 このブログパーツは、ギミックの面白さとクリエイティブの秀逸さから大きな話題となり、多くのブログのサイドバーにこのジャンパーブログパーツが貼り付けられる現象が発生した。視聴数、貼付ブログ数ともかなりの数にのぼり、大きな広告効果を生み出すプロモーションとなった。

 このプロモーションを例にとり、バイラルプロモーションを成功に導くための重要な3要素を以下に紹介させて頂きたい。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
バイラルプロモーションを成功させる3つの要素

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ネットマーケティング実践ノウハウ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木・J・修一(スズキ・J・シュウイチ)

株式会社クロスワープ インターネットマーケティング事業部エンジニア。1981年東京生まれ。 2006年より現職。バイラルプロモーションASP「CROSSMARC」の開発に従事し、大手企業を中心に数多くのバイラル...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/01 17:04 https://markezine.jp/article/detail/4253

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング