SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

20代の過半数がAmazonプライムに加入と回答/最も日常使いする特典はプライム・ビデオ/ナイル調査

 ナイルは20~69歳の男女1,641人を対象に、Amazonプライムに関するアンケート調査を実施した。

Amazonプライムの加入割合は約44.5%

 Amazonプライムの加入状況を尋ねたところ、トップ回答は「現在加入している(44.49%)」に。一方、「加入していない」と答えた人の割合は40.46%だった。

若年層ほど加入割合は高い傾向に

 Amazonプライムの加入割合を年代別で見ると、若年層ほど高い傾向に。最も高い割合を示したのは20代で55.15%(※)を占めた。

※「過去に加入していた」と回答した人を除く

最も日常的に使う特典は「プライム・ビデオ」

 Amazonプライムに現在加入している人(n=730)に、日常的に利用しているプライム特典を質問。その結果、最多回答は「プライム・ビデオ(83.84%)」で、2番目は「配送料無料・配送特典(75.62%)」に。これら二つの特典の利用割合は、他の特典と比べて顕著に高かった。

7割以上が「特典を活用できている」と実感

 Amazonプライムの利用者に対して、「Amazonプライムの特典を活用できているか」と質問。その結果、トップ回答は「どちらかと言うと活用している(45.34%)」に。「とても活用している(31.1%)」と合わせると、7割超の人がAmazonプライムを活用できていると実感していた。

【調査概要】
方法:インターネット調査
期間:2023年6月8日(木)~15日(木)
対象:20~69歳男女
サンプル数:1,641人

【関連記事】
利用中の動画配信サービス、Top3は「アマプラ」「Netflix」「ディズニープラス」/ナイル調査
コロナ禍で旅行の代わりに若者が増やした支出項目は「食費」「動画配信サービス」/J.D.パワー調査
有料動画配信サービス、いずれも利用率増加/Amazonプライムは約8割に【フィールドワークスら調査】
ECサイトの商品探し、約7割のユーザーが「キーワード検索」を活用【NTTレゾナント調査】
ポッドキャストを月に1回以上聞く人は約2割/Z世代では3人に1人が聴取【メディア環境研究所調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/07/03 13:15 https://markezine.jp/article/detail/42673

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング