SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業の採用活動が消極化、2008年度採用コストは前年比6割減

 「イーキャリアプラス」は、6月に採用担当者400名(うちインターネット関連業界63名)に、採用活動に関するアンケートを実施した。

 発表された資料によると、2008年度の企業の採用活動は消極化しており、平均採用コストは昨年の6割減の1439万円。特に第二新卒採用のコストが抑えられている。採用担当者の3人に1人が今後の採用計画に消極的な姿勢を示している一方で、64.8%の担当者が人員不足を感じており、コストを抑えながら人材確保を迫られる企業の厳しい現状がうかがえる。

2008年度の年間採用コスト(単位:万円)

 インターネット関連業界に注目すると、同業界は他業種の年間採用コストを595万円も上回っている一方、大卒5年目の営業職、エンジニア職、クリエイティブ職への年収提示額が、他業種よりも大きな伸びを示している。同調査は、採用にコストをかけた2007年度から、2008年度は採用よりも従業員に対してコストをかけることで、人材の流出を抑えようとする傾向があると分析している。

 また、採用担当者が選ぶ中途採用したいタレント1位には、独特な礼儀正しさで人気のお笑い芸人「エド・はるみ」が選ばれている。

【関連記事】
サイボウズ、「ポスドク採用枠」を新設
採用市場激化、新卒採用年間コストは1322万円
Webプロデューサー・プランナーの平均年収は552万円、ネット関連業界は若年層も高水準の平均年収を実現
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/03 14:46 https://markezine.jp/article/detail/4381

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング