SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

生成AIで“没入型体験”を創る Microsoft広告のリーダーたちが見据えるアドテクの今後


 2022年5月、日本市場で事業を開始したMicrosoft 広告。1年半が経過した現在、精度の高いターゲティングと生成AIなどのテクノロジーが相まってその存在感は増している。そんな同社の現状の成果と今後のビジョン、広告業界が抱える課題についてMicrosoft広告のグローバル責任者を務めるKya Sainsbury-Carter(カヤ・セインズベリー・カーター)氏と日本の事業責任者を務める有園雄一氏の二人に話をうかがった。

「検索」起点だけでなく「リテールメディア」関連にも注力

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、これまでのMicrosoftでのご経験や、現在担当されている領域やミッションなどについてお聞かせください。

カーター:私は現在、Microsoft Advertisement(以下、Microsoft広告)のグローバル責任者を務めています。17年前にMicrosoftに入社してから、広告事業の営業・マーケティング部門を担当してきました。私が入社した当時はまだ非常に小規模なビジネスでしたが、現在Microsoft広告は、35の言語で、あらゆるチャネルに対して非常に広範なビジネスを約190の市場に対して展開しています。

Microsoft Corporate Vice President, Microsoft Advertising  Kya Sainsbury-Carter(カヤ・セインズベリー・カーター)氏

有園:私は2022年8月からMicrosoft 広告の日本における事業責任者を務めています。1990年代後半から20年以上にわたってネット広告業界に携わり、Overture(現Yahoo!)やGoogleなどで勤めたほか、直近では10年以上デジタルマーケティングのコンサルタントとして広告業界に携わりつつ、2022年に現在のポジションに就いた形です。

Microsoft  Regional Vice President, Microsoft Advertising Japan 有園 雄一氏

MZ:2022年5月に、Microsoft広告が日本市場で提供を開始してから1年半が経過しました。そんなMicrosoft広告の特徴や強みについてお聞かせください。

カーター:Microsoftの一番の強みは、グローバルでの広大な顧客基盤です。検索エンジンからニュース配信、リテールメディア・プラットフォーム、DSPとSSPまで、他社が簡単にはまねすることができないようなオムニチャネル・マルチフォーマットを提供しています。

 当社ではこれまで「検索」に焦点を当てたビジネスを拡大してきました。しかし近年では、リテールメディアにおける高度なオーディエンス・ターゲティングにフォーカスしたビジネスも急激に拡大しています。プログラマティック広告マーケットプレイスへの進化に加え、2022年7月にNetflixとの独占的パートナーシップを発表、さらには2023年の9月に「Ads for Chat API」でのアップデートを発表しました。常に自分たちができることを更新し続けられている点は当社の強みだと考えています。

生成AIの対応でタッチポイントを創出 モバイルアプリのDL数は4倍に

MZ:昨今、広告業界では「生成AIの活用」という新たな潮流も生まれています。長年グローバルのMicrosoft広告事業を見てきたカーター氏は、AI活用による変化をどう感じていますか。

カーター:Microsoftでも今まさに、生成AIに注力しています。2023年2月には大規模言語モデルのGPT-4を取り入れたBing Chatの開始により、「検索」の機能を大きく進化させました

 PCだけでなく、Bingのモバイルでの利用者もBing Chatを開始してから大幅に増加しています。具体的には、Bing Chatをローンチして以来、モバイルアプリの日別のダウンロード数は約4倍に増加しました。

Bing Chatの利用画面

 このように、これまで通りの検索方法でプラットフォームに訪れる人に加え、チャットを利用するためにプラットフォームに訪れるという、新たなタッチポイントが生まれています。WindowsやEdgeなど他のサービスの成長を促進する要因としても、生成AIの登場はMicrosoftの成長を加速する良い機会だと考えています。

次のページ
事業成長の裏にある「Cookieレスのリスク回避」と「CPA高騰」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

釘﨑 彩子(クギサキ アヤコ)

 2019年からマーケティング・広告の専門出版社で編集者として勤務。広報・PR分野を中心に編集業務にあたる。2022年よりフリーランスのライターに。媒体問わず、マーケティング、広報、経営者インタビューなど、ビジネス領域を中心に幅広く執筆。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/22 14:17 https://markezine.jp/article/detail/43887

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング