SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

半数の生活者が「時間に追われている」/特に10代はタイパを意識して行動【日本インフォメーション調査】

 日本インフォメーションは、生活者のタイムパフォーマンス(タイパ)の意識について調査を実施した。以下、一部内容を紹介する。

半数以上の生活者が時間に追われると感じる

 まず、「日々の生活での時間に追われる感覚」の有無を調査。すると、全体の半数以上が「ある(ある/ややあるの合計)」と答えた。コロナ禍と現在比べた変化を尋ねると、「変わらない」が半数だった。

クリックして拡大

 性別ごとに見ると、女性のほうがやや時間に追われている感覚が強く、特に10代では6割を超えた。コロナ禍と比較した場合、10代は「時間に追われている感覚が強くなった(強くなった/やや強くなったの合計)」が4~5割となり、他の世代より高い結果だった。

 またタイムパフォーマンスという言葉の認知状況を調べると、全体の57.5%が認知していた。言葉の意味まで理解している層の割合は3割程度となり、反対に「知らない」と回答した割合は42.5%だった。

クリックして拡大

10代はタイパを意識した行動が多い傾向に

 次に、タイムパフォーマンスを意識して行っていることを調査した。意識した行動の回答個数の平均を見ると、男女ともに10代が平均3個を超えており、他の年代と比べて多かった。

クリックして拡大

 具体的にどんな行動をしているか聴取したところ、全体では「ながら動画視聴(29.4%)」がトップに。2位以降は「ネットショップ・ネットスーパーの利用(28.9%)」「動画の倍速視聴/10秒スキップしながらの視聴(24.0%)」が続いた。

クリックして拡大

タイパ効果の感じ方

 続いて、タイムパフォーマンスを意識して行っていることのうち、効果を得られていると感じている項目について確認した。全体では「乾燥機能付き洗濯機の利用(92.0%)」 「冷凍食品・ミールキットを利用する(84.5%)」「食器洗い乾燥機の利用(82.3%)」など、家事関連の項目が上位を占めた。

クリックして拡大

【調査概要】
調査対象:日本全国の16~59歳の男女
調査実施期間:2023年12月7日(木)~12月8日(金)
調査手法:インターネットリサーチ
サンプルサイズ:有効回収計1,000サンプル

【関連記事】
Z世代の5割がYouTubeに時間を使う/6割が男性の美容にポジティブ【日本インフォメーション調査】
Z世代の約半数が「野菜をよく食べる」と回答/酒類の消費傾向にY世代との差/日本インフォメーション調査
日経BP、「トレンドマップ2023下半期」を発表 リテールメディアやCRM、タイパ消費がスコア上昇
ヴァリューズと三菱UFJ信託銀行、「タイパ」行動について調査/実践率が高いのは20代男性・30代女性
日常におけるタイパ・コスパへの意識/Z世代の過半数が「意識している」と回答 【ビッグローブ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/02/05 08:15 https://markezine.jp/article/detail/44495

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング