SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループ、アマゾンウェブサービスとの連携を拡大 生成AIを活用し顧客支援の強化へ

 電通グループは、アマゾンウェブサービス(AWS)との連携を拡大。同社の生成AIサービスである「Amazon Bedrock」と「Amazon SageMaker」を採用し、生成AIサービスの強化を通じて顧客企業の事業成長とDX推進を支援していく。

 具体的には電通グループが開発するAIモデルに加えて、3rdパーティ製AIモデルやオープンソースAIモデルについても、スムーズに製品チームやエンジニアリングチーム全体への展開が可能となる。

 なお「Amazon Bedrock」は、大手AI企業が提供する基盤モデルを単一のAPIで選択できるフルマネージド型サービスだ。生成系AIアプリケーションの構築に必要な機能を備え、開発を簡素化できる。また「Amazon SageMaker」は、機械学習モデルの開発を容易にするプラットフォームとなる。

【関連記事】
電通グループ、「世界の広告費成長率予測」を発表 2024年は4.6%成長、テレビがプラス転換の見通し
電通グループ、未来事業創造支援ツールを提供 2040年の社会を8カテゴリー・100テーマ別に予測
電通グループ、グローバル・プラクティス組織の発足と3人のグローバル・リーダーの就任を発表
電通グループのグローバル・チーフ・クリエーティブ・オフィサーに佐々木康晴氏が就任
電通グループ、日本国内におけるマーケティング領域の脱炭素化イニシアティブを立ち上げ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/01/25 16:45 https://markezine.jp/article/detail/44639

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング