SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループ、未来事業創造支援ツールを提供 2040年の社会を8カテゴリー・100テーマ別に予測

 国内電通グループ7社(電通、電通デジタル、電通東日本、電通西日本、電通コンサルティング、アイティアイディ、電通マクロミルインサイト)は、グループ横断組織「未来事業創研」が開発した「電通 未来ファインダー100」の提供を12月12日より開始した。

 同ツールは、2040年の社会実態を予測して中長期先の未来から逆算し、持続可能な顧客企業の未来の事業創造を支援するもの。8カテゴリー・100テーマ別により良い未来を構想するためのヒントを集約し、未来の社会実態につながる兆しや予測情報を広く収集。同組織に所属するグループ各社が考察を行うことで作成される。

電通 未来ファインダー100のテーマ一覧

 同ツールの活用により、未来事業創研は、予測された悲観的な未来を待つのではなく、人・社会にとって持続可能な「ありたき未来」の可視化を目指す。そして、その未来の実現に向けて顧客企業の未来事業創造並びにパーパス・ビジョンの策定支援を実施する。

 なお同ツールは、表面と裏面で構成。表面には、公開済みの信頼できる外部情報をもとにした2040年の未来を考える上で必要になる市場規模予測などの定量データおよび、それを踏まえた2040年の状態や社会課題などを予測し記載。

電通 未来ファインダー100の表面

 裏面には、2040年の未来に向けて現在起きている具体的な兆しの事例や、2040年の未来で起こり得ること、そこにどのような機会が存在するのかを人・社会・事業のそれぞれの視点から記載している。

電通 未来ファインダー100の裏面

【関連記事】
電通、10年後の未来の生活行動時間を予測するツール「Future Time Use」を提供開始
ソニーネットワークコミュニケーションズ、AI予測分析ツールのヒント機能に生成AIを実装
電通デジタル、未来予測ツール「Web3未来曼荼羅」を提供 計45の兆しを紹介し、ビジネス構想を支援
Googleでの検索回数を基にした2024年の旅のトレンド予測を発表/アウモ・星野リゾート調査
affluent、購買予測AI分析サービス「ATAS」を提供開始 ホットリード可視化とDM立案を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/13 13:45 https://markezine.jp/article/detail/44348

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング