SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

【特集】お客様の「ご愛顧」を得るには?

CRMを成功に導くポイント 企業と顧客を繋ぐ「顧客シンクタンク」としての可能性

 蓄積してきた様々な顧客データをCRM 活動に活かそうと考えている企業は多いだろう。または既にその取り組みを始めているが、顕著な成果を得られていない企業も多いと見る。特集の最後では「CRM ×データ活用の可能性」について、この領域に精通しているブレインパッドの藤掛真太郎氏に解説してもらう。

CRM活動における勘違い、重要なのは「成功」だけでなく「失敗」を分析すること

 データマーケティングの発展により、CRM活動においては、オウンドメディアへのアクセスや来店、購入履歴から顧客の行動を“メタ情報化”することで、顧客の購入までのプロセス(結果)を起点にコミュニケーションができるようになっています。

 おおよそ読者の皆さんは、こうした環境の進化を積極的に利用されていると思いますが、CRM活動におけるデータ活用の効能をとりわけ上手く享受し成果をあげている企業もあります。そうした成功企業の共通点をいくつか紹介していきましょう。

 まず1つ目の共通点は、なぜ購入に至らなかったのかの理由、つまり「結果の前にある原因」に着目し、顧客理解を深化させているということです。たとえば、アパレル業界では、「購入に至るまでの行動(来店時の試着体験の有無やお気に入りの店員・アイテムなど購入に至る要因)」と「実際の購入の有無(結果)」を測り、顧客の興味関心を理解する仕組みを構築しています。

 ここで重要なポイントは、商品を「買わなかった」顧客の情報にも価値を置いていること、これにより顧客満足度を構造化しようとしていることです。こうして、顧客の購買行動の解像度を上げ、自社の商品やサービス価値を見直そうとしていく動きは各企業で加速しています。

「買わなかった」情報が重要である理由

 なぜ、商品を「買わなかった」顧客の情報が重要なのか? それは、多くの企業において、ビジネスの最終ゴールである購入や契約は「レアイベント」だからです。

 「なぜ購入に至らなかったのか」をデータで定量分析していく活動は、言わば「顧客の期待外れ」をトラッキングしていく活動です。あまり起きないレアイベント(購入)のみのデータをもとに改善を試行していくより、発生回数が多い「期待外れ」の要因を分析し、両方を組み合わせていくほうが顧客理解が進んでいくことは自明でしょう。

 実際、過去に支援した企業で「なぜ購入するのか? しないのか?」という視点によるデータトラッキングから購入予測モデルを構築し、顧客理解を深化させた事例がありました。この企業は予測モデルを構築したことで、売れ残りの在庫量を半分以下に減少させることに成功。サプライチェーンにおける課題解決で大きな成果をあげました。

 CRM活動は、生産計画や価格設定など顧客と直接的な接点がないビジネスプロセスにも影響を与える可能性を持っているのです。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!初月1円キャンペーン中!

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
CRM成功の要は「適切なKPI設定」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
【特集】お客様の「ご愛顧」を得るには?連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

藤掛 真太郎(フジカケ シンタロウ)

株式会社ブレインパッド 執行役員 コンシューマーインダストリー担当PaaS 企業で事業を統括するゼネラルマネジャーとして従事後、2011年よりブレインパッドに参画。領域問わずプロジェクトを経て、現在はデジタルマーケティングを中心としたデータ分析支援、コンサルティングを業種問わず提供。2023年7月よ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/02/13 09:30 https://markezine.jp/article/detail/44825

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング